LOVE SPORTS

年収1500万円を超えることも珍しくない「国家公務員」の給料は年収いくら!?【親が子どもに就かせたい職業ランクNo.1は、公務員】

最上級の「総合職」は狭き門

安定した仕事の代表格とも言える公務員は、国家公務員と地方公務員に分けられます。国家公務員は内閣府、総務省、法務省、財務省などの各省庁やその出先機関で働きます。国家機関の運営に携わる業務を行うのです。

国家公務員になるための試験は、大別すると「総合職」と「一般職」の2つの体系があります。最も難関と言われているのが総合職で、試験は院卒者試験と大卒程度試験の2種類。合格率はわずか6.6%で、合格すれば「キャリア官僚」として働くことになります。

一方「ノンキャリア」と呼ばれ、毎年多くの人たちが受験する職種が一般職です。試験は大卒程度試験、高卒者試験などの試験があり、合格率は約23%。総合職よりは難易度は低くなりますが、試験のレベルは一般的な資格試験よりは難しいと言われています。

他にも専門職の試験があり、学歴や専攻分野、携わる職種によって試験が異なります。倍率がとても高く、総合職と同じレベルの難易度と言われています。これらの試験を合格した後に、最終的に「官庁訪問」が行われます。希望する官庁を訪問し、面接試験に合格できれば採用となります。

平均年収は686万円ですが、業種によって大きな差があり、一般職は600万円程、総合職は800万円程と一般職よりも年収が高めです。総合職は階級によって俸給月額が決まり地域手当も加算されるため、実際は年収が1500万円を超えることも珍しくないと言います。国家公務員になるには狭き門なだけあり、どの業種も高収入と安定が望めます。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 職業と給料の話』

プレママ・ママの不安は子どもの「教育」と「お金」

親が不安に思うことは、まだよく見えない教育にかかるお金とその準備。

子どもには自分の好きな道を進んでほしいし、いろんな選択肢を揃えてあげたいですよね。

実際にママたちはどんなことを不安に思っているのでしょうか?

ママたちが「教育」や「お金」が不安なのは、子どもに安定した幸せな生活を送ってほしいから。

でもいい大学を出ていい企業に入れば本当に幸せになれるの?

教育のプロ、ドクトル松永に聞きました。

これからの社会で活躍できるのは、自分から問題を見つけ、それを解決するために多様な人々と協力して取り組める「主体性」を持った人!

その力をつけるのにぴったりなのが、面白いと思ったことを自らの意思で掘り下げていく勉強の仕方=アクティブ・ラーニングなのです。

家庭で子どもの「主体性」を育むには、子どもの夢を応援することがカギになってきます。

子どものなりたい職業ランキングも夢を目指すための体験も、子どもが成長した10年後も今と同じではありません。

これまでのマネープランの王道は、お金がかかる大学進学時期に備えて子どもが小さい時期にお金を貯めるというものでしたが、昔と今では、そのペース配分も変化してきています。

変化の激しい時代の中、見えない未来へと備える姿勢と覚悟が親には求められます。

教育とお金の話ハンドブックでは「子どもの教育資金をいくら貯めるか」だけでなく、どの段階に力点を置いて子どもに教育費をかけるのかについても解説しています!

この小冊子では、今の教育とお金についてのトレンドをわかりやすく解説。最適なマネープラン作りにお役立ていただける一冊です。

【書誌情報】
『図解 職業と給料の話』
著者:高田晃一

「あの人はどれくらい稼いでいるの?」「不況でも安定して働ける職業は?」「稼げる職業とは?」国家公務員、警察官、YouTuber、インスタグラマー、新聞記者、Webデザイナー、弁護士、介護福祉士、歯科医師、美容師、料理人、プロスポーツ選手ーーさまざまな職業のリアルと給料を知ることで、あなたのキャリアと将来が見えてくる!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内