SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

小園健太に続くエース候補を!DeNAが1位指名すべき荘司康誠/立教大

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!DeNAベイスターズ編

昨季最下位から、一時は優勝したヤクルトを追い詰めるまで飛躍した今季のDeNA。粒ぞろいの先発陣と日本人、外国人が上手く融合した強力打線でセ・リーグを盛り上げた。悲願の優勝へ向け、足りないピースを今年のドラフトで補うことはできるか!?

近年は育成路線にシフト?指名方針の変化に注目!

かつて3年連続で「即戦力左腕」を1位指名で獲得し、ドラフトファンをざわつかせたが、現在のローテを見るとその指名は一定の成功を収めている。その一方で、近年は「高卒路線」も取り入れ、3年前は森敬斗、昨年は小園健太を1位で獲得。森は順調に1軍でのプレー機会を増やしており、小園はファームでじっくり育成と「育成プラン」も確立されつつある。今年のドラフトでも、どんな指名方針を見せるか、楽しみだ。

荘司康誠/立教大・投手

●おすすめ指名順位は1位指名!


投手陣の立て直しが課題!捕手の大物狙いもありか


昨年の最下位から躍進を果たしたDeNA。しかし投手陣は今永昇太、大貫晋一が2ケタ勝利をマークし、リリーフ陣の奮闘も光るが全体的には層が厚いとは言えない。年齢層を見ても30歳前後に主力が集中しており、特に先発として楽しみな若手はまだまだ不足しているだけに、昨年1位で指名した小園健太に続くエース候補をまず狙いたいところだ。

今年は高校生投手に万全の1位候補がいないことから、狙い目としては大学生と社会人となるが、筆頭として推したいのが荘司康誠(立教大)だ。本格化したのは4年春からと実績は乏しいが、大型でスケールの大きさは今年の候補全体の中でも上位だ。未完の大器タイプでも、変化球のレベルが高いというのも頼もしい。1年目からの戦力にはならないかもしれないが、将来のエース候補として期待できそうだ。

すぐに一軍の戦力になれそうな選手であれば吉村貢司郎(東芝)が候補になる。昨年12月の都市対抗で一気に評価を上げ、今年も3月の東京スポニチ大会から常に安定した投球を続けている。コントロールは社会人の中でも高レベルで、ストレートも数字に見合うだけの威力がある。即戦力という意味では今年の候補の中でもナンバーワンと言えるだろう。

一方の野手で気になるのは捕手と外野手だ。ともにそれなりに選手は獲得しているものの、将来のレギュラー候補となると少し物足りない印象を受ける。思い切って捕手に振り切るのであれば松尾汐恩(大阪桐蔭)を1位というのも面白いだろう。肩の強さはプロでもトップクラスと言えるレベルで、長打力も備えている。2位で欲しいと考えている球団も多いはずだ。外野は高校生に候補が多いが、井坪陽生(関東一)が面白い。パンチ力と肩の強さが魅力の右打者で、飛ばす力も備えている。

こんな指名はNGだ!

昨年は高校ナンバーワン投手の小園を指名し見事に引き当てたが、それ以前は単独指名狙いが多く、競合を避ける印象が強い。それが上手くはまることもあるが、基本的には一番良い選手を最優先にすべきである。今年もチームに必要なナンバーワンの選手を逃げることなく指名してもらいたいところだ。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内