SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】サイクルヒットを期待させた田中俊太の選球眼がスゴい

今シーズン初ヒットで、いきなりサイクルヒットを期待させる大活躍

 田中俊太が躍動した。

9月16日の対阪神戦。1打席目に今シーズン初ヒットで初ホームランを打つと、2塁打、シングルヒットと続いて3打席連続。

こうなると、あと3塁打でサイクルヒットとなる期待を持って応援してしまったが、さすがにそこまで上手くはいかなかった。

兄は広島カープの田中広輔。社会人を経ての入団なので27歳ながらまだ3年目の選手だ。

昨年、守備は良いがバッティングでアピールできなかった。

それゆえ今年は2軍暮らしが長かったが、その2軍での打撃成績が面白い。

142打席で33安打の打率.275は特出すべきものではないが、フォアボールを20個選んでいて、出塁率となると.383まで跳ね上がる。

俗に言う「選球眼の良さ」が数字で見て取れる。

よく厳しい場面で「何でもいいから出塁してくれ」と応援したりすることがあるが、その「何でもいいから出塁する」田中俊太は、巨人独走の一因になる。