SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ガッツ石松節全開。珠玉の名言と迷言【二宮清純 スポーツの嵐】

Text:二宮清純

都内の喫茶店での出来事…

 ある月刊誌でボクシングWBC世界ライト級元王者のガッツ石松さんと対談した。

 翌日、ガッツさんからお礼の電話がかかってきた。

「昨日は楽しかったよ。また機会があったら、やりたいね」

 その翌日、対談の際に訊き忘れたことがあったので、今度はこちらから電話した。

「あぁ、二宮さん、元気? 久しぶりだね。何の用事?」

 2日前にガッツさんの事務所で対談したことを話すと、悪びれる様子もなく、ガッツさんは言った。

「あれっ、そうだっけ? そう言えば、会ったような気がするね」

 ガッツさん、2日前のことをすっかり忘れていたのだ。

 ガッツさんとは、もう30年来の付き合いだが、私に言わせれば、ネタが、そのまま服を着て歩いているような御仁である。

 もう随分前のことだ。場所は都内の喫茶店。当時は、どの店でもテーブルには灰皿とマッチ箱が置いてあった。

 ガッツさん、マッチ箱からマッチ棒を2本取り出し、私の目の前で、何かの文字を組立てようとしていた。

「人というものはね、ひとりじゃ生きられないんだ。こうやって支え合って生きていくものなんだけど、あれっ、うまくいかないな……」

 ガッツさんは2本のマッチ棒を使って、「人」という文字をつくろうとしていたのだ。だが、細いマッチ棒ゆえ文字を立体的に組み立てるのは難しい。手を離すと、すぐペシャンとなった。

 その作業を辛抱強く続けること10分あまり。ガッツさんは立体型を諦め、平面型に切り替えた。

 しかし、完成した文字は「人」ではなく「入」だった。それを指摘しようかどうか迷っていると、ひとり悦に入っている表情で、ガッツさんは言った。

「人間はね、こうやって支え合って生きていくんだよ」

 ガッツさんは、激戦区のライト級で5回も防衛を果たしている名王者だが、世界のベルトを腰に巻くまでに11回も負けている。こんな世界王者は他に知らない。

 ガッツさんによると、ほとんどの負けが「嫌倒れ」といって自分が不利だと判断するとダメージを受ける前に、自ら倒れていたのだという。

 ボクサーにあるまじき行為と思われるかもしれないが、決定的なダメージを回避したことが、“大器晩成”につながったのである。

「ケンカもボクシングも人生もそう。最後に勝つヤツが強いんだよ」

 けだし名言である。

※上部の写真はイメージです。
初出=週刊漫画ゴラク2022年8月19日発売号

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内