SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ナイスショットを放つ為に必要な右手グリップの2つのチェックポイントとは!?【100を切れない7つの理由・10の上達法/阿河徹】

Text:阿河徹

右手のグリップには2つのチェックポイントがある

右手のグリップに関しては、まずチェックしていただきたいことがあります。両手でクラブを握ってから左手だけをはずし、右手1本でクラブを振り上げてください。そしてトップオブスイングのポジションまでクラブを持っていってから、小指と親指をグリップからはずします。

こうすると中指と薬指が一体となったユニット、および人差し指の付け根の2点でクラブを支えるようになりますが、大事なのは人差し指のどこで支えているかです。

人差し指の第2関節と第3関節の中間付近にクラブが乗っていればそこが支点となり、中指と薬指を握り込んだり解放させることでクラブヘッドを上下に動かすことができます。

クラブが人差し指のこの部分に乗っていれば、右の肩甲骨が背骨のほうに寄って深いバックスイングになりますし、右手首の角度を保ったままダウンスイングすることができます。正しい位置で支えることができたら、そのまま右手1本でクラブを振り下ろし、タメを作ってほどく動作を反復練習するといいでしょう。

一方、第3関節から手のひらの部分にクラブが乗ってしまうと、クラブヘッドを動かすことはできません。このグリップだと肩甲骨が動きませんし、ダウンスイングで手首の角度を保つこともできません。つまりクラブを加速できる可能性がない握り方なので、修正する必要があるわけです。

右手のグリップにはもう1つ大事なポイントがあって、それは手のひらの内側に空間を作っておくということです。ゴルフのグリップは、左手の親指を包み込むように右手をかぶせますが、スイング中に左右の手が密着しすぎていると、バックスイングが浅くなったり、ダウンスイングでタメを作りにくくなります。

だから右手のひらの中、左手親指との間に空間が必要で、ここに空間があればトップオブスイングでクラブが、手のひらに正しく乗るフィーリングが作りやすくなりますし、それと共に右肩甲骨が背骨に寄って、よりエネルギーを蓄積することができます。

ダウンスイングでは右手首の角度を保ったまま下ろすことができるので、角速度が発生し、クラブヘッドが加速します。

以上がグリップに関して知っておきたい事柄ですが、左右の手の役割を考えれば形は自ずと決まってくる、ということが重要です。すなわち左手が司るコッキング、右手で作る角速度、これらを行うために最適な左右の握り方を探れば、左手がフックグリップになったり、右手の親指と人差し指のV字は右肩を向くと言ったことは、意識しなくてもできているのです。逆に、先に形を作ってしまうと、左右の手がそれぞれの機能を果たさないこともありうるので気を付けてください。

【書誌情報】
『100を切れない7つの理由・10の上達法 劇的に上手くなるスイングの作り方』
著者:阿河徹

なかなか上手くならないアマチュアゴルファーのスイングには、致命的な欠陥がある。そこで本書では、アマチュアのスイングの悪いクセを7つを解説。さらに、著者が「スイングの設計図」と呼ぶ、正しいスイングの動きをイラストでわかりやすく紹介する。そして、その基本の動きが身につき、上達に役立つ10のスイング・ドリルも公開する。スイングに悩んでいる人をはじめ、これからスイングを学ぶ人、基本を再度見直したい人も活用できる一冊である。