SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

正しいスイングを作る為に運動のしやすいアドレスをとることが重要な理由とは?【見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/阿河徹】

Text:阿河徹

アドレスはゴルフスイングに不可欠な前傾姿勢

◎正しく前傾姿勢をとることがスイングの回旋動作につながる

●運動のしやすい姿勢で構える
アドレスは正しいスイング作りに欠かせません。

ゴルフは、前傾角度を維持しながら体を回転させるスポーツですので、前傾姿勢がとれないと、まともにスイングすることは不可能で、ボールをインパクトすることもままならなくなります。

ポイントは、運動のしやすいアドレスをとることです。

上体を深く曲げてしまったり、棒立ちでヒザだけを軽く曲げている姿勢は、運動ができるイメージがまったく湧きません。

この姿勢で体を回旋させてバックスイングをとるのは難しいでしょう。

骨盤から傾け、背骨から骨盤のラインをまっすぐ揃え、自然とヒザを曲げている姿勢をとれば、体の回旋もスムーズにでき、動きやすそうな構えに思えるのではないでしょうか。

●ヒザを曲げるのは最後にする
正しい前傾姿勢を作る形を説明します。

バランス良く立ち、クラブを横に持ち足の付け根に合わせます。

骨盤を傾けて背骨から骨盤のラインをまっすぐに揃えたら、最後にヒザを曲げます。

最後にヒザを曲げることがポイントで、この順番を守ってアドレスをしましょう。

●上体が縮こまると回旋がしづらい
クラブを持ってアドレスをとったとき、胸が丸まった姿勢になる人はとても多いです。

これは上体の前傾を意識しすぎた結果なのですが、バックスイングで縮こまるため回旋動作がしづらくなります。

そんな人は、胸を開くように肋骨を広げて構える意識を持ってみてください。

出典:『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』/著:阿河徹

【レッスンプロ情報】
●阿河 徹
ツアープロコーチ。東北高校ゴルフ部コーチ。レッスン歴19年。サンディエゴゴルフアカデミー卒業。米国ゴルフ留学時にデーブペルツショートゲームスクール、アズメディアゴルフスクールなどでゴルフ理論を学ぶ。現在はトップクラスのゴルフ理論とコーチ経験で、藤本佳則、塩見好輝、森田遥、宮里美香などトッププロのスウィング指導を行う。NTTドコモのゴルフアプリ「GOLFAI」の開発監修も担当。東京都世田谷区の井山ゴルフ練習場でアマチュアゴルファーのレッスンも行っている。

【書誌情報】
『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』
著者:阿河徹

アマチュアゴルファーの多くは、球数を多く打てば、あるいはラウンド経験を積めばゴルフが上手くなると思っている。 しかし、スイングに致命的な欠陥がある限り、スコア100を切ることはあっても、コンスタントに90を切ることは到底できない。 そこで本書は、ゴルファーにスイングの根本的な問題を認識してもらい、正しいスイングのメカニズムを理解することからスタート。そのポイントとは「クラブヘッドとグリップエンドの入れ替え動作」。なぜショットが飛ばないか、曲がるのか、スイングが安定しないのかを解決する方法を、このポイントをテーマに写真とQRコード付動画で具体的に解説する。 また、上達に直結する練習ドリルも数多くのカラー写真を使ってわかりやすく紹介している。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内