SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPが実現できるグリップの作り方とは!?【自己最速のヘッドスピードを叩き出すスイングの最終法則/安藤秀】

Text:安藤秀

左腕と右腕のコンビネーションを考えて両手をバランスよく握る

ヘッドスピードの向上にはグリップはとても重要で、握り方いかんでは左右の腕がそれぞれの役目を果たせなくなってしまいます。そうなるとクラブをどう振ってもヘッドスピードが上がらず、飛距離アップが望めなくなります。

そこで第4章では、ヘッドスピードを上げるスイング練習を実践していく準備として、クラブの持ち方、グリップの握り方から説明しましょう。

【1】左手のあてがい位置と小指、薬指中心の握り
左手は手のひらの小指側の肉厚部分と小指、薬指の2本でグリップの部分をしっかりと握ります。このように握ることで、ダウンスイング時の左腕の引き下ろし力を余すことなくクラブヘッドに伝えられます。

【2】左手親指の添え方
左手の親指を詰めるようにして握るショートサムと、左手の親指を伸ばして握るロングサムがありますが、手の大きさや指の長さによって握り方が人それぞれ異なりますから、どれがいいかは一概にはいえません。

ただし、【1】のあてがい位置を守ると極端なショートサムにはなりません。基本的にはショートサムとロングサムの中間くらいが目安となります。

【3】左手グリップの向きの目安
左手は左手首の舟しゅう状じょう骨こつがシャフトの上にくるように左甲がやや上を向く「軽いストロンググリップ」に握るのがベストです。

舟状骨とは、手首の関節の真上の出っ張った部分の骨を指します。親指と人差指の付け根の延長にある部分と考えてください。

軽いストロンググリップに握っておけば、体の高速回転によるクラブの振り遅れを防止でき、ボールをつかまえやすくなると同時にヘッドスピードを向上させる効果があります。

【4】右手の人差し指の添え方
右手は親指と人差し指の付け根を締めて、人差し指をピストルの引き金を引くようなカギ型状に曲げます。

親指と人指し指の付け根を締めておくことで右手首のコッキングが使いやすくなり、バックスイングやフォロースルーにおける右手首の稼働でクラブを速やかに上方向に動かせるようになります。

【5】右手グリップの向きの目安
アドレス時の右手のグリップは、右手の中指と薬指のツメが上から見えるように握ります。

このような角度で握ることで、右手はクラブの振り下ろしより振り上げのほうがスムーズに行いやすくなります。

右手の甲が上を向いたり、右手を浅く握りすぎたりすると、クラブの振り上げよりも、クラブの振り下ろしのほうがやりやすくなるので避けましょう。

【6】右手のひらの生命線と左手の親指によるグリップ連結
グリップを握るときは、右手のひらの生命線と左手の親指の外側のラインをきれいに重ねるように握ります。

手首のコック動作は、この部分を中心にして行われるテコの動きと考えると理解しやすいでしょう。

以上がグリップの握り方です。そして、グリップを握る力加減ですが、前述しましたようにボールを強く叩こうとするとヘッドスピードは上がりません。

クラブヘッドの遠心力を使い、クラブの動きによって「腕が振られる」感覚が望ましいのですから、グリップは必要以上に強く握らないことです。

右手首のコッキングによるクラブの振り上げと、左手首によるクラブの振り下ろしなどのリストワークが、円滑に行えるような力加減が大切です。

そのためにも左手の小指と薬指の2本、右手の親指と人指し指の付け根の部分に力点を置き、両手にクラブの重さが感じられる程度にグリップを柔らかめに握りましょう。

【書誌情報】
『自己最速のヘッドスピードを叩き出すスイングの最終法則 筑波大学博士の飛ばし最強の教科書』
著者:/安藤秀 (筑波大学博士)

ゴルフでドライバーショットの飛距離が出る人たちの共通点は「ヘッドスピードが速い」ということ。そのため、ヘッドスピードを上げようと力にまかせてクラブを振っても、ヘッドスピードは思うようには上がらないことは多くのゴルファーが実感していることでしょう。 その理由は、ヘッドスピードの上げ方が間違っているということ。筋力や腕力がヘッドスピードを上げる決め手ではないのです。 この本では、ヘッドスピードを上げる重要な4つのポイントを明かします。具体的には、ダウンスイングの体の回転のタメ、ダウンスイングの腕の動きのタメ、フォロースルーのコック動作、フィニッシュの体幹部の逆ネジレのこと。 これらのポイントを写真を使いわかりやすく解説。さらに、ヘッドスピードのアップにつながる即効ドリルも数多く紹介。つらい筋力トレーニングではなく、ヘッドスピードを上げる4ポイントが身につく、クラブを使った練習法が数多く載っています。