SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

がんとは悪性腫瘍の総称をいう【病理学の話】

Text:志賀貢

がん細胞は増殖を続け止まらない!

全死因の中で1位ということで、いちばん恐れられている病気は何といっても「がん」でしょう。

がんの語源は英語の「cancer」でカニという意味です。ギリシャ時代のヒポクラテスの著書にも登場するといいますから、見た目や触った感じから、概念的な意味でつけられたのではないでしょうか。

では、ひらがなの「がん」と漢字の「癌」では違うのでしょうか。ひらがなのがんはもともと学術用語の「癌」が難しく、固い印象を持つので和らげた言い方です。

がんは「悪性腫瘍」あるいは「悪性新生物」を総称します。肉腫・白血病・悪性リンパ腫などすべてを含みます。

腫瘍とは、何らかの原因で細胞が傷ついて塊になり増殖したもので、悪性のものを「がん(悪性腫瘍)」と呼ます。がんの特徴は、「体の細胞が制御を受けずに勝手に、限りなく増殖を続けるもの」です。

さらに、周囲の臓器や組織に食い込むように浸潤し、ほかの場所に転移して増殖を続ける性格を持ちます。

上皮以外の組織(非上皮性細胞)から発生するがんを「肉腫(サルコーマ)」と呼んでいます。非常に発生頻度は低い稀まれながんですが、年齢層が広く全身どこからでも発症します。

ほかに造血器(骨髄、リンパ)から発生するがんもあります。このように区別する理由は、発生する部位によって性格や効果的な治療方法が異なるからです。

上皮組織というのは、体の表面や消化管などの内腔の表面を覆う細胞のことです。ただ、脳にできる腫瘍は「脳腫瘍」で、慣例的にがんとも肉腫ともいいません。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 病理学の話』
著:志賀 貢

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「病理学」について切りこんだした一冊。病理学とは「病(気の)理(ことわり)」の字のごとく、「人間の病気のしくみ」です。コロナウイルスが蔓延する中で、人はどのようにして病気になるのかが、改めて注目されています。細胞や血液、代謝や炎症、腫瘍、がん、遺伝子などと、人体のしくみ・器官、食事を含む生活、加齢などさまさまな環境との関連から、「病気」を解明するもの。専門書が多いなか、病気とその原因をわかりやすく図解した、身近な知識となる1冊です。