SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

喫煙・飲酒・ウイルス!身の回りの発がん物質とは?【病理学の話】

Text:志賀貢

身の回りには発がん性物質で溢れている

がんが発生する外因としては、喫煙、飲酒、食物(牛・豚・羊)、化学物質(発がん物質ともいわれる)・環境汚染、ウイルス、放射線などがあります。

また、内因としては、年齢、体格、遺伝子(家族性腫瘍)などいろいろあります。

ある職業についている人たちに多く発症するがんを「職業がん」といいます。世界で最初に発見された職業がんは、1775年にイギリスで発見された煙突掃除人のばい煙による陰のうがんでした。日本では1936年のガス炉工による肺がんが最初でした。

職業がんは、発がんを誘発する化学物質に直接触れたり、そのような環境で吸入したりすることで発症することが多くあります。

そのため、皮膚、肺、膀胱など、発がん物質が接触、吸入、排出される経路に多くみられます。近年、印刷会社で働く従業員に多発する胆管がんを、厚生労働省が「職業性胆管がん」として認定しました。

そもそも人類はいつごろからがんに悩まされてきたのでしょうか。世界最古のがんとしては、南アフリカのスワートクランズ洞窟で発掘された160〜180万年前の古代人類の足の指が「骨肉腫」にかかっていたという報告があります。

これまでに発見された化石からがんが見つかった例は非常に少なく、今のところ、古代人類が発症した最初のがんといわれています。

簡素な食事や現在の社会のように汚染されていない環境でもがんになったということは、がんの元である発がん物質が人間自身の体にあったと考えられます。

発がん物質には、直接的にがんを誘発する物質と、間接的にがんに変身する物質があります。間接的というのは、体内で代謝を受けて発がん性のあるものになる物質で、本来なら毒物を無毒化するはずの酵素が、逆に発がん性のある物質をつくってしまうことがあります。

直接的にがんを誘発する物質は「抗がん剤」です。DNAに結合してがん細胞を殺しますが、正常な細胞まで影響を及ぼす抗がん剤もあるのです。

このように抗がん剤や放射線による治療が原因でなるがんを「二次性発がん」といいます。

「放射線発がん」は、ある量を被曝したら必ず発症するというものではなく、突然変異を介した確率的な問題ですから、調査対象の数が多いほど正確になります。

「紫外線」も放射線の一種です。DNAを傷つけることによって発がんの原因になります。波長の長いUV-Aはエネルギーが弱いのですが、UV-Bは皮膚を赤くするような日焼けとDNAの損傷を引きおこし、皮膚がんを引きおこすとされています。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 病理学の話』
著:志賀 貢

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「病理学」について切りこんだした一冊。病理学とは「病(気の)理(ことわり)」の字のごとく、「人間の病気のしくみ」です。コロナウイルスが蔓延する中で、人はどのようにして病気になるのかが、改めて注目されています。細胞や血液、代謝や炎症、腫瘍、がん、遺伝子などと、人体のしくみ・器官、食事を含む生活、加齢などさまさまな環境との関連から、「病気」を解明するもの。専門書が多いなか、病気とその原因をわかりやすく図解した、身近な知識となる1冊です。