SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「筋トレ」が体脂肪だけを減らし筋肉量をキープする【1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書】

筋肉をつけて基礎代謝を上げ痩せやすい体質に

 食事制限に次いでやるべきなのは筋トレです。食事コントロールをすると体脂肪が減ると同時に、どうしても筋肉も落ちてしまいます。この筋肉の減少を相殺するため、必ず筋トレを行う必要があるのです。

 そもそも私たち人間は脳や心臓、肺などを働かせて、生命を維持するだけで多くのエネルギーを消費しています。この生きるために必要不可欠なエネルギー消費のことを「基礎代謝」といいます。人間が消費するエネルギー量は、この基礎代謝量と運動代謝量、食事に伴う代謝量(DIT)に大別されるのですが、最も配分が大きいのがこの基礎代謝量で、全体の60〜70%程度を占めます。

 そしてこの基礎代謝量のうち、20~40%を消費しているのが筋肉です。筋肉は体温を作る熱発生装置としての役割を担っており、安静にしているときでも筋肉1㎏あたり15~30㎉のエネルギーを消費しています。

 つまり筋肉が多い人ほど、普通に生活しているだけでたくさんのエネルギーを消費する痩せやすい体だといえます。逆に食事制限だけをして体脂肪が減ると同時に筋肉量まで減ってしまい、それだけ基礎代謝量も低下して体にエネルギーが余って太りやすい体質になってしまうのです。さらに極端な食事制限はリバウンドを招きます。そしてこのときに増えるのは体脂肪だけです。

 また適度な筋肉をつけるとプロポーションにメリハリが生まれ、若々しく見えます。筋トレは細胞の修復や成長を促す成長ホルモンなどの分泌を促す働きもあるので、骨密度の低下や貧血などを防ぐ効果も期待できます。

【書誌情報】
『1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書』
監修:坂詰真二

自宅で自粛太り解消!1日1ページやるだけで、痩せるために必要な最強のダイエット知識が身につく!
ダイエットは“継続”が永遠のテーマとも言われていますが、続かない理由は「キツイ、つらい、結果が見えない」という声が多くあります。
また、トレーニングが先なのか食事が先なのか、「痩せるためには何からやればいいのか」という 優先順位がハッキリしないため、運動などを必死にやったのに、思ったように結果が出ず挫折、ということも。
本書ではダイエットする人に向けて、『TARZAN』や『世界一やせるスクワット』の監修も務める最強のトレーナーが、とにかく最短で痩せられるよう、優先順位が高いものから1日1ページのダイエット知識を30個紹介します。
ダイエットを継続し、習慣化するためにはたくさんの情報を同時に実践するのではなく、ひとつひとつ慣れていって習慣化するのが実は一番早いと言われています。
また、本書で紹介する内容は、特別な道具も必要なく、毎日の生活を変える必要もありません。 1日目から簡単な課題をこなしていくうちにビックリするほど体が変わっていきます!今までとは違う、簡単かつ最強のダイエット法をぜひ試してみて下さい!