SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

“肥満ホルモン”が太る原因!

インスリン=肥満ホルモン

糖質を控えるとなぜやせられるのでしょうか。そこにはインスリンというホルモンが深く関わっています。

インスリンは、血液中に増えたブドウ糖(=血糖)を筋肉に取り込んでエネルギー源とし、更にグリコーゲンに変えて筋肉や肝臓に蓄えます。この働きのおかげで、血液中の血糖値は一定レベルに保たれています。十分なインスリンが分泌されない、またはインスリンの効きが悪くなって血糖値が高い状態が続くのが糖尿病。

恐ろしい合併症を引き起こすため、インスリンは本来とても大切なホルモンです。ただし、グリコーゲンとして蓄えられる量には限りがあります。そこでインスリンは、あまったブドウ糖を中性脂肪に変えて脂肪組織に蓄えます。

だから、たくさん糖質を食べると血糖値が急上昇して、インスリンが大量に分泌され、せっせと体脂肪を増やすことに。そのため、インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれます。

【書誌情報】
『魔法のダイエットみそ汁』
監修:江部康二

1日1回食べるだけ!医師が教えるダイエットみそ汁を大公開!家庭の食卓ではお馴染みのみそ汁ですが、実は材料や食べ方を変えるだけで立派なダイエット食に早変わりします!本書では、糖質制限の第一人者である医師を監修に1日1食食べるだけの“魔法のみそ汁”の作り方をご紹介します!一度作れば何度も使える“魔法のみそ”を使用し、手軽に作れて1食で大満足なみそ汁をバリエーション豊富に掲載します!ボリューム満点、栄養満点なのでダイエットにも日々の健康にも役立つ一冊です!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー