SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アドレスの正解は渋野日向子のハンドダウン?デシャンボーのハンドアップ?【大人のやり直しゴルフ学/高野裕正】

アドレスの正解とは!?

野球少年、サッカー少年はスター選手のマネをしますが、アマチュアゴルファーも同じでしょう。しぶこ(渋野日向子)のハンドダウンのアドレスを見たら手元を下げて構えたくなるだろうし、デシャンボーが400ヤード飛ばすと聞いたらハンドアップをマネした人も少なくないはずです。しかしトップ選手でさえ構え方は様々なので、マネる場合は変な癖が付かないよう注意したいものです。

まず、ゴルフを始めたばかりの人には、しぶこのハンドダウン気味のアドレスがオススメです。手元を軽く押し下げて構えると、手首を柔らかく使う感覚やコッキングを自然に入れるイメージがしやすくなるからです。逆にある程度強く球をとらえられるようになった中・上級者にはデシャンボーのハンドアップ気味の構えをオススメします。ある程度の経験を積むと強くボールを捉えようとする意識が強くなり、腕の力でクラブを上から押さえ込むように打ってしまう人が多いからです。

●ハンドダウンのアドレス


●ハンドダウンの手元


パターは横から見たときに腕とクラブの角度を作らないのが理想的ですが、アイアンやドライバーは手首を柔らかく使うために角度が必要です。アイアンやドライバーはパターに比べると長いので、楽に腕を垂らすように構えるとある程度自然に角度がつくので、初級者はこのイメージで手元に作った角度を意識し、ある程度の熟練者になったらそこから手元を少し上げて”フワッと”するように構えてください。

そうすると手首とクラブに角度はついているもののイメージはパターに近い感覚になり、腕や肩の無駄な力が抜けやすくなります。その際に一つだけ注意点を上げると、必ず肘と手元に重さがあることを意識してください。肩の力を抜いて少し首を長くするように構えると腕の関節に重さを作れます。ぜひ練習場で一度試してください。

●ハンドアップのアドレス


●ハンドアップの手元