SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

お腹や腕よりも効果大!全ての人がまず鍛えるべき筋肉とは?【1週間で勝手に痩せていく体になるすごい方法】

Text:栗原毅

やせる最短ルートは筋肉を増やすこと

私たちの体は脂肪をエネルギーとして消費しながら活動しています。脳のほか、肝臓、心臓などの内臓が働く際にもエネルギーを消費しますが、体の中で一番多くエネルギーを使うのが筋肉です。基礎代謝とは、体温の維持や呼吸など、人が生きていくうえで最低限必要なエネルギーのことを指します。

基礎代謝における筋肉の割合は約22%と最も高くなっており、筋肉が多いほどたくさんの脂肪を消費しているのです。このことからもわかるように、筋肉量を増やすことはやせることに直結します。

実際、筋肉量が多い人ほど基礎代謝量は高いと考えられており、体脂肪が多くて筋肉量が少ない女性は、男性に比べて基礎代謝量が低い傾向にあります。では、どのようにして筋肉量を増やせばよいのでしょうか。

そこで注目したいのが下半身の筋肉。下半身には巨大な筋肉がいくつもあり、全身の筋肉の約7割が集中しています。ですから、下半身の筋肉を鍛えれば、最も効率的に筋肉量を増やせるのです。方法としておすすめするのが「スクワット」です。簡単にどこでも行え、運動に慣れていない人でも無理なくできる優れもの。太ももの前方にある大腿四頭筋、その後ろ側にあるハムストリングス、お尻の大臀筋といった筋肉を、まんべんなく鍛えられます。

出典:『1週間で勝手に痩せていく体になるすごい方法』著/栗原毅

【書誌情報】
『1週間で勝手に痩せていく体になるすごい方法』
著:栗原毅

世の中には筋トレ法や痩せる食事術などもたくさんありますが、「なかなか長続きしない」「何をやっても痩せない…」という声も多くあります。それは、頑張って続けていてもすぐに結果が出ないものが多い、ということに加え、過度な食事制限によるストレスで一度爆発してしまうとそれ以降は元の食事に戻ってしまう、といった理由が挙げられます。そんな痩せたいけどなかなか結果がでない……という人に向けて40年以上脂肪肝などの内臓脂肪を研究してきた名医が考案した全く新しい『自動痩せプログラム』を紹介します。そもそも人間がなかなか痩せない最大の理由は『脂肪肝』にあります。人間が痩せるために必要な『代謝機能』を司るのが肝臓ですが、そこに脂肪がたっぷり付いた脂肪肝になると肝臓の機能は半減し、結果として糖などを脂肪として溜め込みやすい体になってしまいます。本書ではそんな脂肪肝をたった1週間で改善し、若い頃のような食べても太らない代謝機能をよみがえらせるすごい方法を紹介します。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内