SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パット時のヘッドの軌道はイントゥインが正解!

Text:松本哲也

ヘッドの軌道はイントゥインが正解

パターの軌道についても、世のレッスン書ではいろいろなことが書かれています。ある人は、「真っすぐ引いて真っすぐ出すのが正しい」と言うし、ある人は、「パターに関しても、イントゥイン(インサイドイン)であるべき」と言います。果たして、どちらが正しいのか?それとも、どちらも正しいのか?

結論から言うと、正しいのはイントゥインの軌道です。ハッキリ言って、「真っすぐ引いて真っすぐ出す」というのは、ありえません。その理由は、ショルダーストロークでパターを真っすぐ引くというのは不可能だからです。

ショルダーストロークは、イスに座ってパターを水平に動かしていた動きを前傾姿勢になってやるだけという話をしましたが、実際にその通りにやると、ヘッドはわずかな湾曲を描きます。つまり、正しいショルダーストロークをしていれば自然と、イントゥインになるということです。

【書誌情報】
『とことん上手くなる! パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。