SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

短いパッティングではパターの軌道が変わって見える秘密とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

短いパッティングはイントゥインに見えない

「イントゥインが正しい」という話をしても、「○○プロのストロークは真っすぐ引いて、真っすぐ出しているように見えるけど、どうして?」という質問を受けることがあります。おそらくそれは、ショートパットのストロークではないでしょうか。イントゥインといっても、テークバックで思いっきりインサイドに引くわけではなく、その湾曲はごくわずか。特にヘッドの動きが少ないショートパットでは、イントゥインには見えないことが多いでしょう。

レッスンで、「ストレート軌道を意識しましょう」というフレーズも、ショートパットに特化したレッスンで使われることが多いようです。特に引っかけ気味の人に対して、「ヘッドを真っすぐ出すイメージでストロークしたほうがいいですよ」ということを言っているのでしょう。しかし、いかなる場合も軌道そのものが、ストレートになることはないのです。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。