SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

大きすぎるバックスイングはNGな理由とは!?【アプローチの新しい教科書/松吉信】

Text:松吉信

大きすぎるバックスイングはクラブヘッドの減速やグリップのゆるみを招く

 アプローチはドライバーやアイアンなどのフルショットとは異なり、スイングの振り幅が小さくてスピードもゆっくりです。

ところがこの「小さい振り幅」が案外難しくて、大半のゴルファーはバックスイングが大きくなりすぎています。ピンまで15ヤード、20ヤードといった短い距離なのに、まるで50ヤードも60ヤードも飛ばすくらいクラブを大きく振り上げると、ダウンスイングへと向かった瞬間、「これでは大オーバーしてしまう!」と本能的に察知して、クラブをゆっくり振り下ろそうとするのです。

ダウンスイングでスピードをゆるめると、グリップがゆるんだり手首が折れたりして、ミート率を低下させます。

自転車をゆっくり漕ごうとするとバランスを崩しやすいですし、勢いよく回転していたコマがスピードを失うと回転がばらついてしまうのと一緒で、クラブを安定した軌道に乗せてスイングするには、アプローチといえども「リズムよく、勢いよく」が大切です。

とくにダウンスイングは「加速」が重要なポイントとなります。そのためにはバックスイングはなるべく小さめに取ることを心掛けましょう。イメージと実際の動きは思った以上にギャップが大きくて、自分ではバックスイングを右腰くらいの高さに止めたつもりでも、右胸や右肩の高さまで上がっていることがよくあります。鏡などで自分のバックスイングを一度チェックしてみてください。

【書誌情報】
『「左手」「右手」タイプ別で上手くなる!アプローチの新しい教科書』
著者:松吉 信

本書の著者はゴルフのアプローチ・スイングについて左手主導と右手主導の2つがあるという。この本ではそれを「左手タイプ」「右手タイプ」と呼ぶ。どちらが合うかはゴルファー次第。「気持ちよく振れること」を基準にタイプを選び、そのメソッドを身につければ確実にレベルアップ、そしてスコアアップも実現する。本書では、それぞれのスイング方法をカラー写真を中心にわかりやすく解説。初心者からプロレベルの人まで使える、この方法はトライする価値がある画期的メソッドだ。