SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

100切り&90切り達成に不可欠なメトロノームスイングとは!?【アプローチの新しい教科書/松吉信】

Text:松吉信

テークバックとフォロースルーの振り幅は左右対称

アプローチのスイングは左右対称が原則です。テークバックで両手を右腰の高さまで振り上げたら、フォロースルーもテ ークバックと同じ振り幅の左腰の高さで止めるようにしましょう。

左右の振り幅を均等にすることでメトロノームのようなイメージでスイングしやすく、クラブヘッドの軌道やリズム感の安定化に大きな効果があるのです。

これは100切りはもちろんのこと90切りを達成するまでぜひとも心掛けていただきたいポイントです。

余談ですが、80台の前半から70台のスコアで回れるくらいのレベルになると、今度はメトロノーム式のスイングのイメージが次第に薄れてきて、小さめのテークバックから大きめのフォロースルーへと振り抜く感覚が強まってきます。メトロノーム式のスイングでも振り下ろすときに減速したりゆるんだりしてしまうケースがあるためで、ダウンスイングが絶対にゆるまないようにクラブを加速させる意識が働くのです。

距離感はバックスイングの大きさで加減する考えの人が多いのですが、プロや上級者たちはフォロースルーの振り幅で距離感をコントロールします。クラブを振り抜いていくスピードがそのまま距離感に直結するからです。

アプローチの技術の安定をはかりたい人は、メトロノームのイメージでスイングを構築していきましょう。

【書誌情報】
『「左手」「右手」タイプ別で上手くなる!アプローチの新しい教科書』
著者:松吉 信

本書の著者はゴルフのアプローチ・スイングについて左手主導と右手主導の2つがあるという。この本ではそれを「左手タイプ」「右手タイプ」と呼ぶ。どちらが合うかはゴルファー次第。「気持ちよく振れること」を基準にタイプを選び、そのメソッドを身につければ確実にレベルアップ、そしてスコアアップも実現する。本書では、それぞれのスイング方法をカラー写真を中心にわかりやすく解説。初心者からプロレベルの人まで使える、この方法はトライする価値がある画期的メソッドだ。