SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

グリップは左手より右手にこだわるべき理由とは!?【グリップを直すだけでゴルフが変わる/松吉信】

Text:松吉信

右手グリップはスイングのエンジン

よく「スイングは左手が大切だ」と言われますが、私の理論では右手のほうがはるかに重要です。右手はスイングにおけるエンジンです。このエンジンが利かないかぎりボールは飛ばないし、スイングプレーンにも乗りません。したがって、グリップは左手よりも右手にこだわるのです。

次項で詳述しますが、右手グリップでまず大切になるのが、指先を主体にしてグリップに〝引っかける〞イメージで握ることです。買い物(トート)バックを持つとき、無意識で持ち手を指先で引っかけて持ちますよね。その持ち手がかかるポジションでグリップを持つと、最も効率よく手首が使える握りになるのです。

また、別の例としては、野球のボールを投げることとも似ています。野球のボールを投げるとき、指先で握っていますよね。指先で握って投げることで自然と手首が使え、ボールのスピードも出て、方向も定まります。もしボールを手のひらで握って投げたとしたら、手首が使えないために方向は定まらず、スピードもまったく出ないのです。

右手を指先主体で握ると、クラブを操作しにくくなりボールに当てにくいと感じてしまうのか、10人中9人のアマチュアゴルファーがこのグリップができておらず、自然と手のひらに近い部分で握ろうとしてしまいます。確かに、手のひらでクラブを持つことで手首が固定されればボールに当てやすくはなりますが、それでは飛ばせなくなってしまうのです。

それを解消するためには、指先主体のグリップに慣れるしかありません。次項より、右手グリップの握り方や、そのポイントについて解説していきます。右手グリップについての知識を深めつつ、練習に励んでください。

グリップの練習は家でテレビを見ながらでも可能です。日々、少しずつでもいいので、指先主体で握るグリップを練習してください。くり返し行うことで、不安定な感じも解消されてくるでしょう。

【書誌情報】
『動画解説版 グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える:動画でわかる、見つかる自分のベストグリップ!』
著者:松吉 信

ゴルフは自分の手でボールを打つのではなく、クラブで打つスポーツ。手は自分の身体とクラブをつなぐ唯一の部位だが、大半のアマチュアゴルファーはクラブや身体の動きに気を取られ、手元の感覚を軽視しがちだ。 そのことでミスショットが増え、スコアアップができないでいる。つまり、自分にとって正しいグリップで握っていないから思うようなショットが打てないのだ。 正しいグリップでなければ、身体のに歪みが出て余計な力が入り、スイングは崩れ飛距離も出ない。クラブの握り方が悪いままでは、いくらスイングを直そうとしてもゴルフの上達は無理ということだ。ということはグリップがよければゴルフがうまくいく、と言っても過言ではない。 この本は、ゴルファー自身にとって最適なクラブの握り方を見つけるための考えや方法を一冊にまとめたもの。その方法や身に付けるための練習ドリルを、QRコード付動画を中心にわかりやすく紹介する。