SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

免疫力UPのために必ずとりたい食べ物とは?【免疫力の話】

Text:石原新菜

免疫力の7割は腸で作られる

人間の体の中で、免疫力に一番大きく関わっている臓器は腸です。体内にある免疫細胞のじつに70%が腸内の粘膜に存在し、体全体の免疫機能を支えているのです。そして、その免疫細胞を活性化させるのが、腸内細菌です。

腸内細菌には、乳酸菌に代表される、腸の消化・吸収を促進する役割の善玉菌、反対に、腸の働きを鈍らせる悪玉菌、そして、そのどちらか優勢な方に同調する作用のある日和見菌の3種類があります。

一般的に、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7の割合で存在するのが、腸内を良好に保つベストバランスといわれています。

腸内を理想的な環境に保つには、なんといっても食べ物が重要です。ごぼうや海藻類などの食物繊維、ぬか漬けやヨーグルトといった発酵食品などを積極的にとりましょう。中でも納豆は、食物繊維、乳酸菌ともに豊富で、免疫力アップの強い味方となります。

納豆に含まれるナットウキナーゼは、血圧を下げ、血液をサラサラにして免疫力を上げてくれます。ナットウキナーゼは、食べてすぐではくなく、食後4時間ほどで活性が表れ、10~12時間働き続けます。

水分をとらずに血液がドロドロになりやすい夜の間に効果を得るためには、朝食ではなく、夕食で納豆を食べるのがよいのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 免疫力の話』
著:石原新菜

シリーズ累計発行部数160万部突破の人気シリーズより、健康で強い体を作るために大切な『免疫力』をテーマに、実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!新型コロナウィルスによる影響もあり、改めて注目が集まっている免疫力。すべてのウィルスによる攻撃や重症化を防ぎ、自分の体を守るためには免疫力を高めることが最も重要になります。本書ではそんな免疫の働きから、活性化させるカンタンな方法まで、すぐに使える実用的な情報を紹介。「そもそも免疫力ってなに?」「免疫力を高めるには〇〇を飲む」など、自分や家族の健康のために使える一生モノの知識が満載です!健康的で強い体を作りたい、家族の健康を守りたい、という方にはぜひ読んで頂きたい一冊です。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー