SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

目標方向にしっかり飛ぶ正しいスクエアスイングとは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

フェースの開閉とスクエアフェースの関係

クラブフェースがボールをとらえた瞬間を想像してみてください。みんながみんな、ボールと目標を結んだターゲットラインとフェースの向きがスクエア(直角)になったシーンを思い描きます。もちろんこれは大正解。インパクトでその関係ができれば、ボールは目標方向に飛び出します。

間違ったイメージが入るとすればインパクト前後のフェース向きです。インパクト前後もターゲットラインとフェースの向きをスクエアに保とうとして、フェースを真っすぐに動かしてしまう。これはターゲットラインに対してフェースを真っすぐ動かすことがスクエアだとカン違いしていることによって起こるエラー動作です。

正しいスクエアスイングとは、クラブヘッドの軌道に対してフェースの向きが常にスクエアになるスイングを指します。この前提でフェースの向きに目を向けると、ターゲットラインとフェース面がスクエアになるのはほんの一瞬。そこにボールがあれば目標方向に飛び出しますが、ちょっとでもズレればスクエアには当たりません。

フェースが真っすぐに動くことはありません。クラブヘッドはダウンスイングでインサイドから下り、フォローで再びインサイドに上がります。この間、開いて右を向いたフェース面が徐々に閉じてスクエアになり、再び閉じていきます。自分から見た場合、フェースは開閉しながら、その途中でボールをとらえる。これが正しいスクエアスイングです。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。