SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

プロにあってアマチュアにない「ゼロ振り子」とは?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

プロにあってアマチュアにない「ゼロ振り子」とは?

スイングは2つの「体内振り子」からなる運動です。

1つは手を支点にしたクラブの振り子。もう1つは肩を支点にした腕の振り子です。まずは手を支点にした振り子について説明しましょう。両手でクラブを持ち、手の位置を固定してヘッドを左右にブラブラさせる。これが手を支点にした振り子運動で、軽くグリップして手首を柔らかく使うことで生まれます。ところが、これができない人がいます。「手首を固定する」「スイング中に手首は使わない」と教えられ実行している人たちです。

手首を使わず体を左右に回したり、支点を作らず手とクラブを一体化して左右に動かしてしまいます。確かに「手首は使わない」とプロは言います。でも、それは彼らに使っている意識がないから。グリップを支点にして振り子のようにクラブを動かすのはプロにとっては当たり前で感覚的にはゼロの、いわば「ゼロ振り子」。その感覚を表現した言葉が「手首は使わない」なのです。

「ゼロ振り子」はすべてのゴルファーに不可欠。意識する、しないに関わらずクラブという道具を扱う上でなくてはならないものです。「ゼロ振り子」が存在しなければ、どんなに頑張っても正しいスイングにはなりません。もし、そのように動いていな ければ、すぐに取り入れてください。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。