SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

力を入れて叩くより腕と手首で効率よく振った方が速く強く叩けることがわかる片手打ち練習法とは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

細い棒やシャフトでクッションや座布団を「バシン!」と叩く

ボールのように小さいものを打つ場合、当たるかどうか不安なので当てにいきがち。こうなると、いくら片手で打つイメージがあっても、片手打ちドリルをやっても、クラブを生かせるスイングにはなりません。

そこでやってほしいのが力一杯ものを叩く練習。たとえば叩いても大丈夫なクッションや古くなった座布団などを細い棒やシャフトで「バシン!」と叩く。布団叩きで布団を叩いてもいいでしょう。

すると、力を入れて叩くよりも腕と手首を使って効率よく振ったほうが速く強く叩けることがわかるはず。それをスイングでもやればいいのです。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。