SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

全世代の男女が糖質をとり過ぎている!1日の適正な糖質摂取量とは!?【ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方】

ほとんどの人が必要以上に糖質をとっている

内臓脂肪がたまる一番の原因は「糖質」です。ただほとんどの人、とりわけカロリーを気にしている人ほど、糖質をとり過ぎていることがわかっています。

●間食のし過ぎ!
仕事の合間や夜中など、小腹が空いたときはついつい間食しがち。お菓子類やパン類などは糖質が高いので、脂肪になりやすいといえます。


●糖質とカロリーを勘違い!
「フルーツ=ヘルシー」だと思っている人が多いのですが、実は甘い果物は糖質高め。脂肪がたまりやすい食べ物だといえるので、食べ過ぎには注意が必要です。


●全世代の男女が糖質をとり過ぎている
栗原クリニック東京・日本橋では、1日の適正な糖質摂取量を男性で250グラム、女性で200グラムとし、その前後になることを推奨しています。しかし、下記のグラフの通り、サッポロビール株式会社が行った「食習慣と糖に関する実態調査」の結果では、全年代で男女ともに糖質摂取量が基準値を超えていることがわかります。またこの調査で「食生活でカロリーのとり過ぎに注意している」と答えた人ほど、糖質をとり過ぎている傾向が強いこともわかりました。カロリーのとり過ぎが脂肪の原因になると考えている人が多いためだと推察されますが、脂肪をため込まないためには糖質の量を抑えるべきなのです。


上記のグラフは、全国の20~60代の男女1000人に行った「食習慣と糖に関する実態調査」の結果です。全世代で、1日に摂取している糖質の平均量が基準値を上回っており、過剰に糖質をとっている実態が見えてきました。なかでも50代女性は糖質を過剰に摂取しており、この背景には糖質を中心とした間食が多いという生活習慣があります。

【出典】『ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方』
監修:栗原毅 日本文芸社刊

監修者プロフィール
1951年、新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。前東京女子医科大学教授、前慶応義塾大学特任教授。現在は栗原クリニック東京・日本橋院長を務める。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく予防にも力を入れている。血液サラサラの提唱者のひとり。『眠れなくなるほど面白い 図解 肝臓の話』(日本文芸社)をはじめ、著書・監修書多数。

健康診断の数値で異常値が出てしまう人が増えています。外出自粛による運動不足に加え、大々的にレジャーや遊びができない今、“食の楽しみ”の優先度が高くなった結果、自宅での食事量、飲酒量が増えてしまうのも原因となっています。本書では人間の代謝をコントロールする“肝臓”の専門医が、
ストレス0で内臓脂肪を落とす食べ方を、写真、イラストでわかりやすく紹介します。また、家にいると楽しみはお酒、という人も多いですが、ネットなどで当たり前になっている『休肝日は週2日以上』『ビールは1日中瓶1本が適量』といった健康法ではなく、肝臓の専門医が教える最強の飲み方を大公開します。「名医が教える究極のPFCバランス」「過度な糖質制限は逆にリスク」「健康数値が良くなる最強のおつまみ」「内臓脂肪が付きやすい食材はコレ!食べるならどっち!?」など、誰でも取り組みやすくわかりやすい内容で楽しみながら健康知識が身につきま

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内