SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

食べる時間によって太りやすくなる?太らない理想の食事時間とは!?【ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方】

食べる時間によって太りやすくなる?

食べる時間帯によっても脂肪のつきやすさは変わります。食べる時間帯も意識して、脂肪を落としましょう。

●食事をするなら10時~19時が理想
「痩せたい」「脂肪を減らしたい」という理由で、食事を抜く人がいますがそれは間違い。朝・昼・夕3食きちんと食べるほうが、脂肪はたまりにくいといえるでしょう。なぜなら、1食抜いて食事と食事の間が空き過ぎると、体が飢餓状態になるから。例えば、昼食を抜くと夕食時には体が飢餓状態になっており、夕食でとった糖質を急いで吸収し、脂肪として体に蓄積しようとするのです。さらに血糖値も急上昇するため、脂肪がたまりやすくなります。また、食べる時間帯に気をつけることでも、脂肪はたまりにくくなります。22時〜深夜2時は、生活リズムを調整するたんぱく質のひとつで、脂肪細胞を生み出す働きがある「BMAL1」が活性化する時間帯だといわれていま
す。


この時間帯にたくさん食べると、それだけ脂肪が生成されてしまうのです。一方、下記のグラフからわかる通り、BMAL1が最も非活性化する時間は14時。BMAL1が比較的少ない10時~19時に食事をとるのが、理想的だといえます。また脂肪を燃焼させる「成長ホルモン」は、22時〜深夜2時に多く分泌されます。この時間帯に食べ物が胃に残っていると、成長ホルモンの分泌量が減ることもわかっています。成長ホルモンをより多く分泌させ脂肪を燃焼しやすくするには、22時までに消化が終えられるよう、19時頃までに食事をとり終えるのがベストです。どうしても食べる時間が遅くなってしまう人は、なるべく消化のよいものを選んで、22時までに消化が終えられるようにするとよいでしょう。

●深夜の食事は太る!
体内時計をコントロールしている「BMAL1」は、脂肪細胞を増やす働きもあります。その働きは時間帯によって20倍近くもの差があるので、BMAL1が活性化している時間帯を避けて食べることが大切です。


【出典】『ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方』
監修:栗原毅 日本文芸社刊

監修者プロフィール
1951年、新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。前東京女子医科大学教授、前慶応義塾大学特任教授。現在は栗原クリニック東京・日本橋院長を務める。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく予防にも力を入れている。血液サラサラの提唱者のひとり。『眠れなくなるほど面白い 図解 肝臓の話』(日本文芸社)をはじめ、著書・監修書多数。

健康診断の数値で異常値が出てしまう人が増えています。外出自粛による運動不足に加え、大々的にレジャーや遊びができない今、“食の楽しみ”の優先度が高くなった結果、自宅での食事量、飲酒量が増えてしまうのも原因となっています。本書では人間の代謝をコントロールする“肝臓”の専門医が、
ストレス0で内臓脂肪を落とす食べ方を、写真、イラストでわかりやすく紹介します。また、家にいると楽しみはお酒、という人も多いですが、ネットなどで当たり前になっている『休肝日は週2日以上』『ビールは1日中瓶1本が適量』といった健康法ではなく、肝臓の専門医が教える最強の飲み方を大公開します。「名医が教える究極のPFCバランス」「過度な糖質制限は逆にリスク」「健康数値が良くなる最強のおつまみ」「内臓脂肪が付きやすい食材はコレ!食べるならどっち!?」など、誰でも取り組みやすくわかりやすい内容で楽しみながら健康知識が身につきま

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内