SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

大さじ1杯のお酢が内臓脂肪も体調不良も撃退する理由とは!?【内臓脂肪の話】

Text:栗原毅

バリエーションを楽しんで毎日摂取

お酢の主成分である酢酸には、脂肪の合成を抑制し、かつ脂肪の燃焼を促す作用があります。また、食後の血糖値上昇を抑制する、高血圧を防ぐ、疲労を回復するなどの効果もあります。

大手醸造メーカーの株式会社 Mizkan Holdingsの調査によると、肥満気味の人が毎日大さじ1杯(約15㎖)のお酢を含む飲料(500㎖)を朝晩2回に分けてとり続けたところ、12週間後には内臓脂肪の数値が平均で約5%下がったことがわかりました。同時に動脈硬化を進行させる血中中性脂肪も平均で18.2%減少したことがわかりました。

お酢の健康効果を得るには、毎日大さじ1杯をとり続けるのがポイントです。そのまま飲むとのどや胃の粘膜を傷める可能性があるので、5〜10倍に薄めて飲むことも大切。少しずつ複数回に分けて飲んでもよいでしょう。

米酢やりんご酢、黒酢などお酢には様々な種類がありますが、好みのものでOK。カルシウムが豊富な牛乳、抗酸化作用のあるトマトジュースなどに混ぜれば、栄養価が高いジュースが楽しめます。お酢大さじ1に対して、飲み物は120㎖が目安です。納豆など普段のおかずにちょっと足すのも効果的で、アサリやシジミなど貝のみそ汁に加えるとお酢によってカルシウムなどのミネラルが溶け出し吸収しやすくなります。また、キャベツや玉ねぎ、トマトなどの野菜をお酢に漬けて常備菜にすると便利です。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話』
著:栗原毅

シリーズ累計発行部数150万部突破!ダイエットでも健康でも超重要な『内臓脂肪』をテーマに、速攻で落とせる方法を医師が解説する図解シリーズ最新作! 新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入や、不要不急の外出など、何かと家にいる時間が多くなっているため、運動不足や食事量の変化により、肥満になって健康状態が悪化してしまう人も多くいます。 そこで問題なるのが『内臓脂肪』。ゆるキャラみたいなかわいいぽっこりおなかになってきた……と悠長に考えている場合ではありません。 内臓脂肪の増加は見た目の変化だけでなく、放置すると健康状態に様々な悪影響が出てきます。 本書ではそんな内臓脂肪が増えてしまう理由から、速攻で落とす食事法まで、すぐに使える超実用的な情報を幅広く紹介します。 『内臓脂肪の前に脂肪肝が問題』『内臓脂肪を減らすには緑茶を飲むのが最短ルート』『お酒を飲みながら内臓脂肪を減らす方法』など、 今日から使える知識が満載です!痩せたい、健康になりたい、家族の健康が気になる、という方にはぜひ読んで頂きたい一冊です。