SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

練習の一番の目的「コースでできるスイング」とは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

「コースでできるスイング」とは、「コースで使えるスイング」、もしくは「その状況で要求されるスイング」のことをいいます。前項で申し上げましたが、コースプレーを意識した練習を実践することが上達への道につながります。

日頃の練習ではドライバーを気持ちよく飛ばせていても、コースに出て左右がOBのホールにきたときに、練習場と同じスイングができますか?何もプレッシャーがなければ体がスムーズに動くのに、プレッシャーを感じると体が硬くなってしまうようでは、コースプレーを意識した練習ができているとは到底いえませんし、コースプレーの準備にもなっていません。

練習ではドライバーを思い切り振り回してばかりいる人も同様です。ドラコン大会ではないのですから、コースでは力いっぱい振り回さなくてはいけない場面はありません。コースで使えないスイングの練習を繰り返してはいけないのです。

プレッシャーに動じないスイングを目指そう

練習場ではあまりダフらないけれど、芝の上ではダフってばかりとよく口にする人も多くいますが、実は思っているほどスイングの変化はありません。ゴルフを始めたばかりの初心者でない限り、ほとんどのゴルファーは練習場でもコースでも案外に同じスイングで振れています。それなのに練習場のマットから芝になった途端にダフリが多発してしまうとしたら、プレッシャー以外の何物でもないのです。プレッシャーを感じたときでも、自分のリズムやテンポでクラブをしっかりと振れるような「実戦向きのスイング」をつくることを第一に考えましょう。

【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。