SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ショット時のボール位置を間違いやすい理由とは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

車を運転するときの姿勢は、その人の癖で左右のどちらかに体は傾いています。直立したときも左右のどちらかに傾くもので、大体の人は体に歪みが見られるものです。

 

そうなると自分ではボールを真ん中に置いたつもりでも、スタンスの角度や体の向きなどで、右や左にずれて見えることが起こりやすくなります。

直立の姿勢になり、上体を軽く前傾させて自分の眉間の真下からクラブを吊り下げてみましょう。スクエアスタンスに構えられていればクラブヘッドが真ん中を指しますが、上体が歪んでいたり、スタンスや体の向きがずれていたりすると、真ん中に置いたはずのボールが真ん中に見えにくくなります。

「自分が感じる真ん中」を知る練習が大切

そうすると、視覚的に自分で打ちやすく感じられる位置にボールを置こうとします。ボール位置の偏りは、スイングの偏りを引き起こします。ボールを右に置きすぎると大抵はダウンスイングで上体が右に傾いて、下からすくい打つような動きとなります。

ボールを左に置きすぎた場合は、クラブヘッドをボールに届かせようとしてダウンスイングで上体が左に流れて突っ込み打ちになりがちです。

ボールの位置を間違えないようにするには、「自分が感じる真ん中」を見極めることが大事です。自分のセンターを知らないことには右も左もないわけで、ボールの位置がわからなくなり、迷ってしまうケースが多いのはそこに原因が
あるのです。


【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。