SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

自分のセンター位置がすぐにわかる方法とは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

「自分のセンター」を知るには、自分のアドレスの姿勢を鏡に映してみて体が歪んでいないか、真ん中が自分で感じているポジションとマッチしているか、などをチェックする方法もいいでしょう。でも一番わかりやすいのは、プロたちが練習でよく使っているアライメントポールを十字に置く方法です。

両足のツマ先の前に1本のアライメントポールを飛球線と平行になるように置き、もう1本をスタンスの中央に飛球線と直角に交わるように置きます。クラブで代用しても構いませんが、アライメントのように細い棒のほうが正確に確認しやすいといえます。決して高価なものではありませんから、2本は手に入れて練習に役立てることをお勧めします。

アイアンはクラブヘッドがセンターとなる

2本のアライメントポールを十字に置くと、自分の感じる真ん中がどこになるかを正しく認識できます。

大切なポイントは、自分のセンターをスイング軌道の最下点とリンクさせることです。軌道がインサイドアウトになると最下点がセンターよりも少し右側にずれますし、アウトサイドインの軌道なら最下点はセンターよりも少し左側となりますから、それもチェックしたいポイントです。

アイアンショットではボールを真ん中に置くと考えがちですが、ボールをスイング軌道の最下点でとらえるには、クラブヘッドがセンターとなるのが正解で、7番アイアンより大きい番手のショットではボールの位置がセンターよりもやや左となるのが基本です。


【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。