SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミスショットの8割を解消するスイング以上の練習とは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

練習場はスイングを構築する場でもありますが、同時に自分のセンターを意識しながら正しいアドレスをつくる訓練の場でもあります。ミスショットの原因の約8割はアドレスの間違いにあるといわれるほどですから、スイングの練習以上にアドレスをつくる練習が大事です。

ところが大半のアベレージゴルファーはスイングのことばかりに意識がいって、アドレスはほとんど考えていません。ミスショットが出だしたときは、体の向きや姿勢に歪みが生じているところに問題点があるのがほとんどなのに、スイングを疑って体の動きをあれこれと修正しようとします。

こうした無駄な練習の繰り返しが、コースで使えるスイングがなかなか身につかない要因でもあるのです。

練習にもルーティーンを取り入れる

コースプレーではワンショットごとに、ボールの後方に立って目標を定め、飛球線をイメージしてからアドレスをつくるでしょう。コースでそうしたルーティーンを実行しているのなら、練習場でも実行すべきです。

スイングづくりをメインテーマにした練習であれば、5~ 10 球ごとにルーティーンを1回取り入れるだけで十分ですが、コースプレーを想定して1球ごとにクラブを持ち替える順繰り練習をする場合は、ワンショットごとにルーティーンを取り入れるようにしましょう。

構えたときの体の向きや、前傾姿勢のバランスなどに十分に気を配り、どんなときも同じ姿勢で構えられるようになる練習を多く積んでいる人ほど、コースでも実力を発揮できるのです。

【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。