SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

傾斜地ショットの効果的な練習方法とは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

平坦な場所からのショットもそうですが、特に傾斜地からのショットでは、自分のセンターや重心位置に対してボールの位置がどうなっているかの見極めが大切なポイントです。

たとえば左足下がりのショットでは、できるだけ斜面と平行に立って構えるのが基本です。体重は低いほうの左足に多く乗りますから、重心の位置が当然センターよりも左側に移動します。ボールの位置はセンターの近くか、それよりも左側にセットするのが絶対条件となります。

重心がセンターよりも右側となったり、ボールを右に置きすぎたりするとボールを正確にとらえるのが難しくなってしまいます。左足下がりを想定した練習ではボールをセンターの近くにセットし、重心を左にずらして構え、ダウンブローに打ちましょう。

重心の位置にマッチしたボールポジションをつかむ

左足上がりのショットも同様で、この場合も斜面と平行に立ち、低いほうの右足に体重を多く乗せて構えます。重心の位置をセンターの右側にキープしておくのがポイントですから、ボールの位置はセンターか、それよりもやや右です。重心の位置がセンターよりも左側となったり、ボールを左に置きすぎたりしないように注意しましょう。

打つ前の素振りで重心をセンターのどちら側にキープしたら、クラブをバランスよく振りやすいか、ボールをどこに置けばミートしやすいかの感覚をつかんでおくことも大事です。

【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。