SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ツマ先下がりのショットで役立つスイング練習法とは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

今度はコンパクトスイングを身につけるために7番アイアンなどを使って、超ワイドスタンスの練習をやってみましょう。この練習では両ヒザを深く曲げて腰を落とし、通常のアドレスよりも両足の間隔を倍くらいに広げます。

大切なポイントは通常のアドレスより頭の高さが低くなっても、前傾角度をあまり変えないようにすること。最初はクラブヘッドがボールの真上に位置するくらいに前傾角度を浅めにして、それからクラブヘッドがボールに届くまで腰を落とし、両足を左右に均等に広げましょう。

超ワイドスタンスで構えると下半身の動きが制限されて、スイングが自然にコンパクトになります。

ツマ先下がりのショットの対応策としても効果的

この感覚はツマ先下がりのショットにそのまま応用できます。ツマ先下がりの斜面はスイング中にバランスを崩しやすく、ミスが生じやすい状況で、安定したアドレスをつくることが重要なポイントです。スタンスを平地と同じ幅のまま、クラブヘッドをボールに届かせようとして背中を丸めてはいけません。前傾角度が深すぎてアドレスの姿勢が不安定になり、スイング中に前傾角度が変わりやすくなるからです。

超ワイドスタンスの練習で身につけたように、前傾姿勢をなるべくキープして腰を落としながらスタンスを広げるのがコツです。特別に意識しなくてもスイングが自動的にハーフショットとなり、ボールを正確にとらえやすくなります。

【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。