SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ベストスコアを出す為にショット練習でイメージすることとは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

練習場で最高のショットばかりを求めて一生懸命に頑張っても、そんな練習はコースに出たら意味がありません。というよりもコースには、最高のショットを発揮できる場なんて皆無に等しいのです。

実戦に即した練習を積んでこそ、コースで成果がはっきりと表われます。今まで紹介したクラブを極端に右や左に振る練習や、出球の高さをコントロールする練習、スタンスを極端に広くしたり狭くしたりして打つ練習などがまさしくそれです。

今、自分が使っているクラブでどんなことができるのか、どこまでのことが可能なのかを知ることは、コースでプレーする上で重要な情報となります。

コースプレーで使えるスイングの幅を広げよう

クラブを極端に右や左に振る練習は、たとえば右サイドがOBで右にいかせたくないときはクラブを右に振るイメージで対応できますし、左サイドが池の場合は球を左にいかないようにクラブを左に振って球を逃がし気味に打つなど、「逆球」を絶対に打たないための応用テクニックに通じます。

このようにスイングの軌道や球筋をコントロールするコツがつかめてくると、自分で打ちやすいスイングの型や持ち球を確立できますし、ミスショットが出たときにどう対策を練ればいいかもわかります。

出球の高さを打ち分ける練習でも、自分が気持ちよく飛ばせる弾道の高さもつかめてきます。「どんな球を打つか」を明確にイメージして打てるようなスイング、そしてコースプレーでよい結果が出せるようなスイングをつくり上げてください。

【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。