SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

理想的なアドレスの基本姿勢の上から吊り下げられるイメージ!【ナイスショットは骨で打つ!/福田尚也】

Text:福田尚也

操り人形のように上から吊り下げられているイメージ

骨にまかせたポスチャーとはどんな姿勢かというと、基本はできるだけ重力に逆らわないような姿勢をつくることです。 人間誰しも体の歪みが多少ありますが、背骨が重力に対して垂直となる姿勢をベースと考えてください。

最初に両足を肩幅くらいに広げて直立の姿勢をとります。肩や腕の力を抜き、肩甲骨を自然に落としたら骨盤から上体を前傾させましょう。そして両腕を自然に下げ、両ヒザの力を抜けばアドレスの基本姿勢のでき上がりです。

イメージは、頭のてっぺんから吊り下げられている操り人形です。頭のてっぺんからお尻まで真っすぐな太い芯が通っていて、その芯が斜め上空に引っ張られているという感覚で構えましょう。


背中は無理に伸ばす必要はないが、軸はまっすぐキープしておくイメージ

【書誌情報】
『ナイスショットは骨で打つ!』
著者:/福田尚也

「骨に任せたゴルフスイング」というテーマで、JPGAティーチングアワード優秀賞を受賞した本書の著者・福田尚也プロ。 同プロのスイング作りは、「骨」(=骨格)をベースにした独自の方法だ。人によって、体型、筋力の違いはあっても、骨格や関節の使い方や動きは誰でも同じ。それを踏まえて、骨格と関節の視点でスイングを理解すれば、万人に共通する正しいスイングが身につく。 この本では、骨と関節、特に肩甲骨と股関節にポイントを置いた、福田プロの“骨スイング”の方法を具体的にひも解き、数多くの写真を交えてわかりやすく解説している。 骨スイングを身につけて、飛距離アップとショットの安定を手に入れよう!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー