SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

二日酔いに効く!肝機能が整うリセット・ストレッチとは!?

骨盤周りの大きい筋肉を伸ばすと肝機能が整う

東洋医学では、「肝臓が筋肉を支配している」とされます。

肝臓と筋肉には大きな関係があり、骨盤周りの大きい筋肉を伸ばすと肝機能が整います。

また、肝臓の経絡とつながる太ももの内側の筋肉と足の親指をほぐすと、吐き気などの二日酔いの症状が改善します。

二日酔いに効く!骨盤リセット・ストレッチ

●足の親指まわし
回数:左右30回

【1】長座して右ひざを曲げて、両手で右足を手前に引き寄せる。左手で親指をつかんでまわす(右まわし30回、左まわし30回)。反対側も同様に行う。

●肝臓の経絡伸ばし
回数:10秒キープ/左右3回

【1】脚を肩幅の倍くらいに開き、背すじを伸ばして立つ。

【2】左ひざを曲げて、右脚を伸ばしひざの上に右手を置く。上体を右前に倒しながら右手に体重をかけて、太ももの内側の筋肉を伸ばす。反対側も同様に行う。

【書誌情報】
『究極の骨盤リセット・ストレッチ』
監修:福辻鋭記 アスカ鍼灸治療院院長

じつは、骨盤周辺が硬く、ゆがみやすい男性にこそ、試してほしいストレッチを紹介します。骨盤がゆがんで硬いと、背骨や脚など全身の骨がゆがみ、さらにその骨に付着している筋肉や血管、神経が引っ張られたり圧迫されたりして、体に負荷がかかります。その結果、・腰痛、肩こり、目の疲れがとれない・会社で、夕方からのがんばりがきかない・趣味のスポーツがなかなか上達しないといった不調を招いてしまいます。「疲れ知らず」のカラダをつくるために、ぜひ試してほしい骨盤リセット・ストレッチを紹介します。本書の骨盤リセット・ストレッチで鍛えれば、・日常生活→腰痛・肩こりがスッキリ解消・ビジネス→集中力・効率がアップ・スポーツ→運動能力アップ・ケガ予防など、パフォーマンスが段違いに上がります。