SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

三觜喜一が教えるゴルフ初心者でもナイスショットが打てるスイングとは!?

毎回、芯で打てるようになる
三觜喜一スウィングの“当たり前”
教えます!

たっぷり練習をしているのに、スコアが縮まらない。「いったい何が悪いのか?」。そんな人は、もう一度スウィングというものを見つめ直してみませんか。“ 悩めるゴルファー”のために立ち上がったのは、レッスン界のカリスマ・三觜喜一。数多くのゴルファーから信頼を得ている三觜プロがゴルフの“ 基本のキ”を教えます!

身体の中心でクラブを回せば、
ビギナーでもナイスショットが打てるんです!

円を描くように動かせば遠心力が働き再現性が高くなる

<三觜> 幡野プロは11歳からゴルフをやっているそうですが、クラブはどう動かすのがいいか分かりますか。

<幡野> 深く考えたことがないですね。

<三觜> 答えは、〝円運動〞。

<幡野> 丸く回せってことですか?

<三觜> そう。円を描くように動かせば遠心力が働き、いつまでも同じところをグルグル回る。

<幡野> なるほど。その分、再現性が高くなるってことですね。

三觜 その理屈がわかっていない人には、おへその前あたりにグリップが来るようにクラブを持って、それこそ円を描くようにクラブをグルグル回してもらいます。どうですか? いつまでもクラブが同じところを回り続けるでしょう?

<幡野> 確かに動きが安定しています。

<三觜> 実際、初めてクラブを持った人でも、この動きをやりながらクラブが地面に届くように前傾すれば、ナイスショットが生まれます。

<幡野> ゴルフってそんなに簡単なものなんですか?

<三觜> 「どうやってボールを打つか」を考えるとゴルフは難しくなる。しかし、クラブが動きたいように動かしてあげれば、誰でもナイスショットが打てるんですよ。

三觜喜一が教えるポイント

クラブに円運動をさせるときは、「円を描くように回す」というよりは、身体の中心に向かってクラブを引き続けることが大事。そうすれば、どんなに速く回してもクラブは元の位置に戻ってくるし、軌道も安定する。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.2』7月17日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。