SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スイングで一番大事なこととは!?【三觜喜一の飛距離アップ術/ゴルフレッスンプラス】

三觜喜一が教える飛距離アップ術
飛ばしたかったらクラブを
速く振ることだけを考えよう!

「もっと飛ばしたい!」。ゴルファーなら誰もがそう思う。しかし、これがなかなか上手くいかない。原因は、体力がないからか、それともスウィングに問題があるからか。 はたまたクラブのせいか。この質問をカリスマコーチ、三觜喜一プロにぶつけてみたら、「速く振ろうとしていないからだ」という答が返ってきた。 速く振るというのはどういうことか? どうすれば速く振れるのか?どんなレベルのゴルファーでも飛距離アップが実現するメソッドを教えてもらった。

スウィングで一番大事なこととは?
当てるのではなく速く振る!
これができればまっすぐ大きく飛ぶ

●右手1本で棒を持ち速く振る練習をする

<三觜> いきなりだけど、ゴルフの起源って知ってる?

<幡野> いや、知らないです。

<三觜> もともとは羊飼いがやっていた、木の棒で石ころを打ってウサギの穴に入れるという遊びから始まったと言われているんだよね。

<幡野> その話、どこかで聞いたことがあります。

<三觜> その時、羊飼いは、どうやって棒を上げようかとか、身体をどう動かせば飛ぶかということを考えていたと思う?

<幡野> 考えていなかったでしょうね。

<三觜> 多分羊飼いは、遠くへ飛ばすために棒を思い切り振ることしか考えていなかったはず。

<幡野> そうですよね。

<三觜> それと同じで飛ばそうと思ったら、単純に速く振ろうとすればいいんだよ。試しにスティックを右手1本で持って目一杯振ってみて。

<幡野> 振ってみると、スティックが加速しているのが分かります。

<三觜> でしょう? クラブも速く振ろうとすればスピードが出るんだよ。

<幡野> ビュンという音がインパクト前に鳴ったのが気になったんですが。

<三觜> 実はそれが正解。音が鳴るということは、そこで一番加速しているということ。だからインパクト前に鳴るのが正しい。フォローで鳴らせという人がいるけどあれは間違い。

<幡野> でも、スティックじゃなくてクラブを持った時、こんなに気持ち良く振れるかな。

<三觜> 問題はそこ。目の前にボールがあると、「当てなければ」と思い、ほとんどの人が速く振ることよりも当てることを優先する。そしてこれが、ヘッドスピードを減速させる大きな原因になっている。しかし実際は、速く振ろうとするほどスウィングが安定するんだよね。

<幡野> マジっすか?

<三觜> だから幡野プロも、まずは右手1本でスティックを速く振る練習をしてみて。速く振れるようになれば、間違いなく飛距離は伸びるし、方向性も安定するから。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.3』9月10日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。