SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブの握り方を改善すれば99%のアマチュアのスコアが伸びる3つのポイントとは!?【グリップがよければすべてのことがうまくいく/松吉信】

グリップがよければすべてのことがうまくいく!

「クラブの握り方を改善するだけで99%のアマチュアゴルファーのスコアが伸びる」と松吉信プロは言う。グリップはスウィングにどのように影響しているのか。プロがすすめるグリップの握り方とは?ゴルファー自身の最適なグリップが見つかる考え方や方法をレッスンしてもらった。

グリップで知っておくべき大切なポイントとは?

●力が入るとボールは飛ばない!
グリップの握り方はいろいろありますが、極論すれば「力を入れずに握ること」が最も大切です。ゴルフのスウィングには、ボールを飛ばすためのエンジンが3つあります。1つ目は身体のターン、2つ目は腕のスピード、3つ目は手首のスナップ。しかし、アマチュアゴルファーのなかには、身体と腕は動かしていても、手首を使えていない人が非常に多くいます。手首を使えると、腕のスピードに手首のスナップも加わるのでヘッドスピードが非常に速くなります。それに対して、手首を使えないと腕からヘッドにかけてのスピードが加速しません。だから、ボールが飛ばない。

左手グリップの基本の〝き〟

では、グリップの握り方を具体的に解説していきましょう。まずは左手。左手のグリップは、指先でクラブを握っても、手のひらで握っても、どちらでも構いません。自分にとって力が入らずに居心地のいい握り方を見つけてください。左手グリップで注意すべき点は、左手のひらの小指の下のふくらみをグリップの上に乗せることです。

手のひらのくぼみの部分でグリップがはまるように握ってしまうと、手首のスナップが使えなくなってしまうので気をつけましょう。左手のグリップについて「左手は小指、中指、薬指の3本で握りなさい」とよく聞きますが、私はこの握り方が必ずしも正しいとは思いません。どの指で握るかよりも、やわらかく手首を使えることが最優先だからです。

右手グリップはスウィングのエンジン

 「スウィングは左手が大切」とよく言われますが、私は右手のほうがはるかに重要と考えています。というのも、右手はスウィングにおけるエンジンだからです。このエンジンが機能しない限りボールは飛ばないし、スウィングプレーンにも乗りません。右手グリップでまず大切になるのが指先を主体にしてグリップに〝引っかける〟イメージで握ることです。指先主体でグリップすることにより、手や腕に余分な力が入ることなく、手首をやわらかく使えるようになるのです。

右手は、各指の付け根よりも指先に近い位置をグリップに添えましょう。たとえ1ミリでも手のひらにグリップが入ってしまうと手首が硬くなるので注意が必要です。「指先だけで大丈夫?」と思われるかもしれませんが、そのくらいの感覚がベストです。初めのうちは違和感や頼りない感じがするかもしれませんが、自分のものになるまで何度も何度もくり返し練習しましょう。

意外と重要な右手の親指の添え方

右手のグリップの握り方について、さらに細かいポイントとして親指の添え方があります。右手の親指の添え方は大きく分けて2つあります。ひとつは、指の腹をグリップにあてがうようにして親指をグリップの真上に添えるパターン。もうひとつは、親指をクラブの左側に外して添える方法です。

どちらの親指の添え方が正解か? それは、スウィング中に右手の親指に力が入らず、自分で振りやすいと感じる添え方が、皆さんにとっての正解となります。人によって、指の長さや関節の太さは異なります。ですから、この握り方をすればうまくいく、と一概に言うことはできないのです。ただし、ひとつだけ「おすすめできない」形があります。

右手の親指をグリップにあてがわないで握る方法です。右手の親指をグリップから離した状態にすると、なんとなく力が抜けていい感じに思えますがこの方法でスウィングをすると、たいていはダウンスウィングもしくはインパクトの寸前で親指をグリップにギュッと付けて力を入れてしまいます。すると、スウィングプレーンが崩れてダフりやトップなどのミスにつながってしまうのです。

ですので、親指は最初からグリップに添えていたほうがいいでしょう。そのうえで、グリップに沿ってまっすぐ添えるのか、グリップから外して人差し指の先端とくっつけるのか。自分にとって力の入らない、居心地のいい方法を選択してください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●松吉信/ゴルフドクター
大学時、学生ゴルファーとして活動する一方、専属プロキャディーのパイオニアとして倉本昌弘プロの優勝に貢献。卒業後、プロキャディーを務めながら、プロゴルファーのマネジメント業にも取り組む。現在、プロ、アマを問わず確実に上達するための、常識を打ち破るレッスンを行っている。著書に『新しいアプローチの教科書』(日本文芸社)、『右手を直すだけでスイングが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える』『本能で!ゴルフ いまの貴方のままで「80」が切れる“新理論”』(いずれも東邦出版)などがある。