SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

完璧にできれば飛距離UPするスウィングが完成する2つのドリルとは!?【三觜喜一のスウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する】

スウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する

一般的なレッスンは、身体をどう動かせばナイスショットが打てるかというものがほとんど。しかし三觜喜一は、「身体の動きに関しては、考えなくていい」という。その真意は?多くの若手プロを世に送り出している三觜が最も大事にしているメソッドを教えてもらった。

【さらにレベルアップを目指したい人に】スピードを落とさず、行きも帰りも同じ軌道で振ることができればスウィングの完成度がますます高くなる

●高速素振りは往復とも高速にすることが大事
高速連続素振りに慣れてきたら、次の2つのドリルをやってみましょう。この2つが完璧にできるようになれば、スウィングはほぼ完成していると言っても過言ではありません。

【ドリル1】ボールに当てないように素振りを繰り返しスピードが乗ってきたらボールを打つ
ボールの上でクラブを浮かせて構えて素振りをスタート。徐々にスピードを上げると同時に、スウィングも大きくしていき、エネルギーが最高潮に達したときボールを打ちます。ポイントは、クラブを戻すとき、スピードを落とさないこと。自分でスピードが上がっていくのを感じながら、「ボールを打つ」という最終地点に向かって素振りを繰り返しましょう。


【ドリル2】行きも帰りもゴムティーに当てながら高速素振りを繰り返す
ゴムティーをセットし、インパクトで ゴムティーを打つだけでなく、クラブを戻すときもゴムティーに当てます。このドリルでは、「行き」は当たるけど「帰り」は当たらないというケースがよく見られますが、それは正しい連続素振りができていない証拠です。また、帰りで当てることを意識するあまり、スウィングスピードがガクンと落ちることがありますが、これもNG。最初はそれほど高速でなくてもいいので、行き帰りとも同じスピードで、しっかりゴムティーをヒットできるように練習してください。


出典:『ゴルフレッスンプラスvo.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.10』10月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内