SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

腰の入ったインパクトで飛距離UPを実現する飛ばすインパクトの理想形とは!?【吉本巧のアクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!】

アクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!

●飛距離アップの第6ステップ=最大の力が伝わるインパクト
上半身を右に傾けた軸(アクシス)で回転し、無理なく飛距離を伸ばすのが吉本プロのアクシス理論。アマチュアの技術と体力、練習量でも飛距離を伸ばせるスウィングの説明を続けてきた。今回はインパクト後編。いかに加速しながら打ち抜くかを詳しく解説していこう。

【飛ばすインパクトの理想形】トウ・ファーストで戻すとヘッドのリリースが早くなる

●「タメてリリース」とは違うメカニズムで飛ばす
トウを先に戻そうとすると、同時 に起きる現象があります。見た目には、タメが早く解けているようになるのです。しかし、これがアクシス理論においては理想的なダウンスウィングです。

タメは飛距離を伸ばす原動力にも なりますが、それはプロなどインパクトゾーンの範囲で一気にフェースをターンさせる体力と技術、そして練習量がある場合のみと考えてください。タメればタメるほど、トウが追いつくための時間が短くなるので難しくなるのです。

しかし、タメないことで利点もあ ります。ヘッドが早く飛球線に乗るため、インパクトゾーンが長くなるのです。ボールを押す時間が長くなることで、飛距離を伸ばすというメカニズムなのです。


アクシス理論の理想のダウンスウィングを理解する

【GOOD MOVE】トウを先に戻す動きでヘッドのリリースを促進
トウを先に進ませる動きはそのまま、ヘッドを早く戻す動きになります。つまり「トウ・ファースト」はフェースが開いたインパクトを防ぐと同時に、振り遅れも克服し、腰の入ったインパクトで飛距離アップを実現するメカニズムなのです。


【BAD MOVE】タメて飛ばすためには高い技術が必要
タメとはすなわち、ヒールに対してトウを遅らせたままの状態。タメればタメるほどトウが追いつくための時間が短くなります。一気に戻すことで加速して強くインパクトするメカニズムですが、ボールを捕まえるには高い技術が必要になります。


【POINT】トウ・ファーストで動かすとインパクトゾーンが長くなる
トウ・ファーストでトウを追いつかせ、ヘッドのリリースを早めると、早いタイミングでヘッドが飛球線に乗ると同時に、フェースが目標を向きます。これは、インパクトゾーンが長くなるということ。腰を入れた状態で、より強く長くボールを押せます。より小さな努力で、リスクなく飛距離アップを実現できる方法なのです。


【おすすめDRILL】トウ・ファーストドリル

●トウに意識を向けてダウンスウィングする
トウに意識を向けて、トップからインパクトまでの動きをゆっくりつくりましょう。トウがヒールに追いつくように、手首を使ってシャフトを回しながらクラブを下ろします。インパクトに間に合わせる感覚をつかんでください。


出典:『ゴルフレッスンプラスvo.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.10』10月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!