SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

  • HOME
  • SPORTS LAB
  • 名前は海でも水がない?「月の海」に水はあるのか?【図解プレミアム 宇宙の話】

名前は海でも水がない?「月の海」に水はあるのか?【図解プレミアム 宇宙の話】

Text:渡部潤一

月の海のでき方

月を望遠鏡で見たときに、黒く、広く平らに見える部分があります。これがまるで海のように見えることから「月の海」と呼ばれるようになりました。では、その海に水はあるのでしょうか?原始地球では、衝突した無数の微惑星などが水を運んできました。月も、その形成時には同じように水が運ばれてきたはずです。

ところが、月の直接探査の結果、月面に水の存在を確認することはできませんでした。ほとんど大気のない月では、太陽に照らされる昼間は100度、太陽があたらない夜間はマイナス170度という激しい温度差があります。これでは液体の水は存在できず、たとえ水があったとしても、氷から直接真空中に昇華してしまうでしょう。

それでは、「月の海」はどのようにしてできたのでしょうか。天体の衝突でできたたくさんのクレーターがあるあたりに巨大な天体が衝突し、内部からマントル物質(マグマ)が噴出。それによってつながったクレーターのくぼみに溶岩流が広がりました。これが固まってできたのが「月の海」です。

「海」が黒く見えるのは、黒っぽい玄武岩質の溶岩で覆われているからです。「月の海」は月面に大小多数存在し、月面で最大の海である「嵐の大洋」の場合、直径2500キロメートルを超えます。月の直径が約3500キロメートルですから、それがいかに大きいかわかるでしょう。発見されている「月の海」にはそれぞれ名前がつけられています。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解プレミアム 宇宙の話』

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解プレミアム 宇宙の話』
監修:渡部潤一

「地球はどうやってできたの? 宇宙のどこにあるの? 」「太陽が巨大化するってホント?」「月のクレーターや『月の海』って?」「 宇宙はどんな構造?いくつもあるの? 」など素朴なギモンに即答で宇宙のナゾに迫る! ——地球の生い立ちから、お隣の天体・月の謎、太陽と惑星の素顔、恒星と銀河、宇宙論まで、最新の天文学、宇宙物理学、惑星科学に踏まえてやさしく解説。豊富なイラスト、61テーマと興味深い宇宙・星座コラムで、夢とロマンに満ちた、いちばん新しい宇宙の姿がよくわかります。太陽系のナゾから最新の宇宙理論まで、宇宙のフシギをズバリ解明します!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内