SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スコアアップに直結するアイアンの練習方法とは!?【菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!】

Text:菅原大地

自分の球筋を把握した上でいろいろな球を打てるようにしておく

●「真っすぐ打つ」はプロでも難しい
アイアンの練習で重要なのは、自分の得意な球筋をしっかり理解して、それがいつも打てるようにしておくことです。

アマチュアゴルファーの中には、真っすぐ打とうとしている人が多いようですが、常に真っすぐ打つのは難しいもの。

また、球筋が決まっていないと、左右に曲がるミスが出たときその原因を明確にすることが難しくなります。

自分の球筋が常に打てるようになったら、球筋を変えてみたり、球の高さを打ち分ける練習をしておきましょう。

なぜなら、コースでは練習場のように、真っ平らなところから、まったく障害物がない状況でショットをするということがないからです。

例えば状況によっては、アッパーブローで打ったり、低い球で狙わなければいけないこともあります。そうなったときに「いつも通りのスウィングで真っすぐ打つ」では通用しません。

スコアアップを目指すなら、「自分には無理」と諦めずに、多彩なショットが打てるように練習することが大事です。

出典:『菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!』

【書誌情報】
『菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!』
著者:菅原大地

ゴルフレッスン界の風雲児ともいわれている菅原大地プロ。その秘密は、アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方にあり、自身のYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」の登録者数は36万人超(2021年11月末現在)を数えるほどの大人気ぶりだ。菅原プロの目指すスウィングは「力がなくても飛ばせるスウィング」=最大効率(サイコー)スウィング。効率のいいスウィングの実現が飛距離を伸ばすことにつながるという。本書では、そのスウィング・メカニズムをていねいに解説し、ゴルファー人生最大の飛距離を実現する方法をレッスンする。本書オリジナルのレッスン動画(二次元コード付)とカラー写真によってビジュアル面も充実、わかりやすいテキストを加えた、ゴルファー必読のスウィング・レッスン本である。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内