SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

守備のポジションは算用数字で表記する!【スコアのつけ方/NPB監修】

守備のポジションは算用数字で表記する

●内野を左回りして外野を左から右へ
まずはピッチャーの「1」とキャッチャーの「2」を覚えたら、ベースの順番にファーストの「3」からサードの「5」まで内野を半周。最後にショートが「6」になる。外野手は左から右へ向かって、レフトが「7」ライトが「9」になる。

9つのポジションには、それぞれ名前がつい ていて、カタカナや漢字で表記できる。例えば、「ピッチャー」や「投手」といったものだ。しかし狭いスペースに様々な情報を記入するスコアブックには、できるだけ少ない文字数で簡略化する必要がある。そこで使われるのが、算用数字だ。ピッチャーなら「1」というように、すべてのポジションを数字で表すことができる。

各ポジションのカタカナと漢字の表記

1ピッチャー/P(Pitcher)/ 投 (投手)
2キャッチャー/C(Catcher)/ 捕 (捕手)
3ファースト/1B(1st Baseman)/ 一 (一塁手)
4セカンド/2B(2nd Baseman)/ 二 (二塁手)
5サード/3B(3rd Baseman)/ 三 (三塁手)
6ショート/SS(Short Stop)/ 遊 (遊撃手)
7レフト/LF(Left Fielder)/ 左 (左翼手)
8センター/CF(Center Fielder)/ 中 (中堅手)
9ライト/RF(Right Fielder)/ 右 (右翼手)

【書誌情報】
『少年野球 スコアのつけ方』
監修: 一般社団法人 日本野球機構(NPB)

“我が子が少年野球を始めた親御さん”にターゲットを絞った1冊。試合時にスコアブックを付ける役割が、選手のお母さんに依頼するチームが多いことから、スコアの付け方をゼロから解説します。モデルは全て小学生を使い、全て小学生野球のルールでの内容構成です。少年野球のスコア記載はプロ野球よりも様々なことが起こり、スコアを書く側からすると何倍も難しいもの。小学生で起こりがちなスコア記入例&プレーを、野球初心者のお母さんたちの声を拾って重点的に解説します。また、監修には日本野球機構(NPB)の現役公式記録員についていただき完璧な最高峰のスコアの付け方を伝授します。