SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アピールプレイには「※」で説明を加えておく!【スコアのつけ方/NPB監修】

アピールプレイを記入しよう

攻撃側チームの走塁ミスを、守備側チームが審判に確認することをアピールプレイという。アピールプレイは、タッチアップで野手が捕球する前にスタートを切ったときや、ベースを踏まずに先の塁へ進んだときなどに行われる。どちらもボールを持ち、走塁ミスがあった塁をアピールするので、「5C」などと記入する。あとでもわかるように「※」で何があったかを記入する。

タッチアップの離塁が早かった

タッチアップの離塁が早かったときは、「※ランナーの離塁が早すぎ」などと注釈をつけておく。

ベースを踏み忘れて進塁したとき

こちらも「※ベース踏み忘れ」などと記入。小学生はうっかりとベースを踏み忘れることがある。

「※」で説明するとあとで混乱しない

アピールプレイとは違うが、打順間違いや隠し球にも「※」で何があったかを説明しておくとあとで混乱しない。

【書誌情報】
『少年野球 スコアのつけ方』
監修: 一般社団法人 日本野球機構(NPB)

“我が子が少年野球を始めた親御さん”にターゲットを絞った1冊。試合時にスコアブックを付ける役割が、選手のお母さんに依頼するチームが多いことから、スコアの付け方をゼロから解説します。モデルは全て小学生を使い、全て小学生野球のルールでの内容構成です。少年野球のスコア記載はプロ野球よりも様々なことが起こり、スコアを書く側からすると何倍も難しいもの。小学生で起こりがちなスコア記入例&プレーを、野球初心者のお母さんたちの声を拾って重点的に解説します。また、監修には日本野球機構(NPB)の現役公式記録員についていただき完璧な最高峰のスコアの付け方を伝授します。