SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

あなたが1日に摂っていい油の量とは?【脂質の話】

Text:守口徹

免疫機能強化には睡眠が不可欠

私たちは脂質を摂らないと生きていけません。ですが、やみくもに脂質を摂ると体内で余ってしまい、体脂肪が増えて太る原因となります。脂質は適正な量を摂ることが大事なのです。

どれくらい脂質を摂ればいいかというと、これは厚生労働省がその基準を定めています。まず、年齢や性別によって1日に必要なカロリーの目安があり、そのうち脂質から得るカロリーは全体の20〜30%が適正とされています。

たとえば成人男性なら1日に2400.2800kcalが目安で、そのうち480.840kcalを脂質から摂りましょう、ということです。脂質は1gにつき9kcalですから、逆算すると1日53〜93gくらいが摂取の目安となります。

ただ、身体活動量や体重などによっても必要カロリー数は変わってきますので、あくまでも目安として見ておいてください。

なお、脂質はサラダ油や肉の脂など一目で油脂とわかるものばかりでなく、いろいろな食品に隠れて入っています。下記に例を挙げておきました。

身近な食品に含まれる100gあたりの脂質量

・クロワッサン 26.8g

・即席ラーメン 19.1g

・和牛サーロイン 47.5g

・ベーコン 39.1g

・くろまぐろ刺身 27.5g

・卵黄 6.7g

・レアチーズケーキ 28.0g

・ポテトチップス 35.2g

グラム数を見ると、意外にたくさんの脂質が含まれているのがわかるでしょう。知らないうちに脂質量をオーバーしている場合がありますので、意識して油を抑え気味にするくらいがちょうどいいと思います。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 脂質の話』
監修:守口徹

シリーズ累計発行部数150万部突破!ダイエット・健康で超大切な『脂質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!ダイエットでも健康でも、気になる人が多い脂質。従来は高カロリーの代表として敬遠されてきた油ですが、最近では糖質制限の普及もあり、良質な油の種類や使い方に注目が集まっています。本書ではそんな脂質の働きから、ダイエットへの活用法まで、すぐに使える実用的な情報を幅広く紹介。「油って摂りすぎるとホントに太る?」「1日に必要な量と摂るべき油の種類って?」「摂らない方が良い油とは?」など、自分や家族の健康のために使える一生モノの知識が満載です!ダイエットや健康に必要な知識は、『糖質』『たんぱく質』そして『脂質』!ダイエットでも、脂質を正しく取り入れることで、健康に痩せるための強い味方になります!痩せたい、健康になりたい、家族の健康が気になる、という方にはぜひ読んで頂きたい一冊です。