SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

上手い選手が実践するボールタッチが上手くなるコツとは!?【サッカーレベルアップ】

ボールを使わずに上達!ISHIZEKI理論

ドリブルが短期間で上達できるように「ISHIZEKI理論」を考えました。自分の経験から重要なのはボール操作ではなく身体操作だと気づき、これを多くの選手に実践させたところ高い効果がありました。ここでは、とくに実践してもらいたい理論を紹介します。

ボールタッチは身体操作と考える

『上手な選手と下手な選手の違いがここにある。操るのはボール?それとも……』

●体に対してボールを合わせていく
ドリブルなどのテクニックを身につけるためには、たくさんボールを触って練習を積み重ねていくことが大切です。しかし、何度となく練習しているのにも関わらず、なかなか上手くならないと悩んでいる方もいると思います。この上手くならない要因とは、じつは「コツ」を知らないことなのです。


ボールタッチとは、ボールを操ることがコツだと思いがちですが、重要なのは身体操作です。

自分の思い通りに体を動かして、それにボールが付いてくるイメージなのです。

ミスをしているときというのは、ボールの扱い以上に体のバランスが悪かったり良い姿勢になっていないことで起こります。まずは、自分の体がどう動いているのか、正しく動けているのかに注目をしてもらいたいと思います。

【NG】ボールを扱う意識はミスの原因だ!
上手にドリブルができない人の多くが、ボールに対して自分の体を合わせにいってしまう意識を持っていることだ。


ボールタッチトレーニングのポイント

●インサイドタップ
両足のインサイドで交互にボールタッチ。テンポ良くタッチしながら行おう。


【POINT】
●ボールに意識を持っていかれない
●自分の体がどう動いているかを意識する
●無理な体勢でボールを触らない
●片足立ちからその場で左右の足を入れ替える
●ボールがズレたら体を移動させる

●足裏タップ
足裏でボールを踏むように交互にタッチ。その場で足を上げていきリズミカルに行う。


【POINT】
●ボールに意識を持っていかれない
●自分の体がどう動いているかを意識する
●無理な体勢でボールを触らない
●その場で足踏みする
●足を上げるときに頭が左右にブレないようにする

出典:『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』監修/石関聖

『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』
監修:石関聖

サッカーの基本的なテクニックをわかりやすく解説した実用書。ジュニア、ジュニアユース世代をターゲットに、上達するための考え方や具体的なテクニック、基本スキルから1対1のドリブルのポイント、1人で出来るボールテクニックを上達させるための練習法など、手軽に実践できるレベルアップ方を解説します。元プロサッカー選手であり、監督経験もある監修者による実演シーンを、段階写真でわかりやすく、習得しやすいテクニックが満載です。要所にQRコードを掲載しており、監修者がYouTubeでテクニックを披露している動画も併せて確認できます。