SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ボールを自在に操れる自分にとってベストな持ち方とは!?【サッカーレベルアップ】

ボールを使わずに上達!ISHIZEKI理論

ドリブルが短期間で上達できるように「ISHIZEKI理論」を考えました。自分の経験から重要なのはボール操作ではなく身体操作だと気づき、これを多くの選手に実践させたところ高い効果がありました。ここでは、とくに実践してもらいたい理論を紹介します。

前後左右に動ける位置でボールを持つ意識

『ボールを自在に操れる自分にとってベストな持ち方を習得しよう』

●ボールを動かしやすい位置を探す
ディフェンスがボールを奪いにくる場面。ボールを利き足側に置きフトコロの外でボールを持てば、相手の動きに対して素早く反応できます。フトコロの真ん中でボールを持つと反応できたとしてもボールを動かす時間がなく、相手にボールを触られてしまうでしょう。このときに足裏を効果的に使えば、自在に動けてかわすことができるのです。


【ココに注目】体の真ん中は相手の餌食になる
ボールを体の真ん中に置くとディフェンスは奪いやすいと感じる片足に「寄せる」意識でプレーするように心がけよう。


出典:『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』監修/石関聖

『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』
監修:石関聖

サッカーの基本的なテクニックをわかりやすく解説した実用書。ジュニア、ジュニアユース世代をターゲットに、上達するための考え方や具体的なテクニック、基本スキルから1対1のドリブルのポイント、1人で出来るボールテクニックを上達させるための練習法など、手軽に実践できるレベルアップ方を解説します。元プロサッカー選手であり、監督経験もある監修者による実演シーンを、段階写真でわかりやすく、習得しやすいテクニックが満載です。要所にQRコードを掲載しており、監修者がYouTubeでテクニックを披露している動画も併せて確認できます。