SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

短時間睡眠=成功者ではない!訓練してもショートスリーパーにはなれない理由とは!?【睡眠の話】

Text:西野精治

ショートスリーパーは遺伝子で決まる特異体質のようなもの

まれに、短時間睡眠でも、体はいたって健康で、生活への支障も一切現れない人がいます。そのような人は、一般に「ショートスリーパー」と呼ばれます。

ナポレオンやエジソンが、1日3〜4時間睡眠だった話は有名です。現代でも、著名な実業家や政治家、芸能人に短時間睡眠で活躍する人が多くいます。

それゆえ「ショートスリーパー=成功者」のイメージも強く、憧がれる人も少なくないようです。しかし、ショートスリーパーは、トレーニングをしてなれるものではありません。

スタンフォード大学では、6時間未満の睡眠でも健康を維持している親子に着目し、その親子の「時計遺伝子」に変異があることを突き止めました。さらに、この親子と同じ遺伝子をもつマウスをつくり調べたところ、ショートスリーパーは遺伝子によって決まる、生まれながらの特異体質のようなものとわかったのです。

しかも、こういったタイプの遺伝子をもつ人は、全体の1%未満程度ともいわれています。本物のショートスリーパーは、かなりめずらしい存在といえるでしょう。

一方、相対性理論で知られるアインシュタインは10時間以上寝るロングスリーパーで、こちらは全体の3〜9%といわれます。成功者であることと、睡眠時間は関係なさそうです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 睡眠の話』
監修:西野精治

ぐっすり、すっきりを同時に手に入れる。明日、人生最高の朝になる──。最先端の睡眠法で常識が変わる。今晩からできる睡眠革命! なかなか寝つけない、眠っても疲れがとれない、眠りが浅くて寝たりない──。多くの人が気になる睡眠のお悩み。スタンフォードに学ぶ最新の研究をもとに睡眠の科学的メカ二ズムを解明しました。つい人に話したくなる睡眠の新常識から、スムースな入眠のためのメソッド、睡眠習慣のつくり方まで、極上の眠りを手に入れる方法を、図解データとともにズバリ解説します。