SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

恐ろしい睡眠負債!6時間睡眠を2週間続けると3日徹夜したのと同じレベルの注意力に!【睡眠の話】

Text:西野精治

睡眠不足」が積み重なって「睡眠負債」におちいる

専門家のあいだでは、睡眠不足を「睡眠負債」と表現します。「人間は一定の睡眠時間を必要としており、それより睡眠時間が短ければ、足りないぶんが蓄積する。つまり、眠りの借金が生じる」

これは、監修者が在籍するスタンフォード大学睡眠生体リズム研究所の創設者ウィリアム・C・ディメント教授が、1990年代から使いはじめた「睡眠負債」の概念です。

あえて「負債」と表現することで、すぐにでも補えるイメージの「不足」とはちがい、気づかないうちにどんどんふくれ上がってしまうことを強調し、警告しているのです。

睡眠負債については、ペンシルバニア大学の実験報告があります。実験によると、「6時間睡眠をつづけると、10日で集中力や注意力が1日徹夜したときとほぼ同じになり、4時間睡眠の場合は、2週間で3日間徹夜したときとほぼ同じレベルまで衰える」とわかったのです。

しかも、徹夜後なら疲れや眠気でパフォーマンスの低下を自覚できますが、4時間・6時間睡眠のグループは脳の働きの衰えを必ずしも自覚できていませんでした。

小さな睡眠不足が積み重なり、いつしか大きな「睡眠負債」におちいっていたのです。気づかないことこそが睡眠負債の恐ろしさです

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 睡眠の話』
監修:西野精治

ぐっすり、すっきりを同時に手に入れる。明日、人生最高の朝になる──。最先端の睡眠法で常識が変わる。今晩からできる睡眠革命! なかなか寝つけない、眠っても疲れがとれない、眠りが浅くて寝たりない──。多くの人が気になる睡眠のお悩み。スタンフォードに学ぶ最新の研究をもとに睡眠の科学的メカ二ズムを解明しました。つい人に話したくなる睡眠の新常識から、スムースな入眠のためのメソッド、睡眠習慣のつくり方まで、極上の眠りを手に入れる方法を、図解データとともにズバリ解説します。