SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

人は誰でも残虐になる!それを証明した恐ろしい実験とは!?【社会心理学】

Text:亀田達也

人は誰でもアイヒマンになりうる

人は権威によって命令されると、たとえ正しくないとわかっていても、その命令を実行してしまうことがあります。

これを明らかにしたのが、ミルグラムによる服従実験、別名アイヒマン実験です。アイヒマンとは、ナチス政権下において、ユダヤ人の強制収容所移送の指揮的立場にあった人物の名で、この実験は「特定の条件下であれば、人は誰でもアイヒマンような残虐な行為を犯すのか」を検証するために行われました。

実験では、まず「学習における懲ちょう罰ば つの効果に関する研究」という名目のもと参加者が集められます。参加者はそれぞれ教師役1名、生徒役1名のペアにわかれ、別々の部屋に通されます。

部屋にはマイクとスピーカーがあり、お互いの姿は見えませんが声は聞こえる状態です。

次に教師役は生徒役が出題された問題を間違うたびに、電気ショックを与えるよう研究者から命令されます。その電流は軽微な15ボルトから、命の危険性もある450ボルトまで30段階設定されており、生徒役が間違う度に、研究者はより高い電流を流すよう教師役に命令します。

電圧が上がるごとに生徒役の悲鳴は大きくなり、300ボルトを超えると「もうやめてくれ!」と懇願するようになります。しかし、研究者はあくまで続行するよう命令し、教師役が拒否するまで実験は続きます。

その結果、教師役40人中26人が命じられるまま最大の450ボルトまで電流を流し続けました。教師役は命令を拒否してもなにか罰があるわけではありません。にも関わらず、半数以上の人が命令に従い続けたのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学』
監修:亀田達也

「社会心理学」は、心理学の中でも重要かつ人気のジャンル。個人同士の協力、競争、攻撃、援助など「他者との関係」、そして集団、組織など個人を取り巻く「社会との関係」をテーマとする「社会心理学」を、わかりやすく、かつ堅苦しくならないように図解・イラストを用いて紹介する。「社会現象と心理学」、「職場における心理学」「社会の在り方と心理学」など、現代日本において興味深く読めるような身近なテーマを立てて、さらにこれまで行われた心理実験と結果など、「心理学」全般の内容を誌面に取り入れて解説する。会社、学校、家庭、友人ーー集団や社会の中の個や対人関係の本質、行動原理を社会心理学から読み解く1冊!