SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

抗酸化作用で若返りが期待できるポリフェノール!効果はたった数時間だけ?【食材と栄養素の話】

Text:牧野直子

吸収されやすいが排出も早いのですぐなくなる

抗酸化作用が強く、殺菌作用や血行促進効果もあることで知られるポリフェノール。いわゆるアンチエイジングの効果がある機能性成分の一つです。確かに、非常に良質な栄養素ですが、水に溶けやすく吸収されやすいので、摂取して30分くらいで効果を発揮しますが、体内にはほとんど貯蔵されずに排出されてしまうのです。

そのためポリフェノールの効果を維持したいなら、数時間おきに摂取する必要があります。チョコレートやコーヒー、お茶、赤ワインなどの飲み物にも多く含まれるので、適宜摂取しましょう。

ポリフェノールを摂取するとカラダにいいことがたくさん!

ポリフェノール血中濃度は、2時間でピークに至り、その効果は8時間でほぼなくなってしまいます。そのため朝昼晩少しずつ摂ることが大事になってきます。

またポリフェノールには3つの効果が期待されています。HDLコレステロール=善玉コレステロールを増やし動脈硬化を防ぐこと、糖の吸収を抑えて血糖値の急上昇を抑える働きがあること、活性酸素の活動を抑制し、老化を防止する効果などがあります。

「食材と栄養素の話」はこんな方にオススメ!

・どの食材が一番栄養があるのか
・食習慣を見直したい
・どのように栄養素を摂れば吸収率が高いのか
・食品表示の読み方を知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『食材と栄養素の話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『食材と栄養素の話』監/牧野 直子

【書誌情報】
『食材と栄養素の話』
牧野直子 監修

栄養をムダなく摂れる最強の調理法から冷凍保存法まで!食材と栄養素の知識がこれ一冊ですべてわかる!コロナ禍でカラダと健康について、改めて注目が集まっています。食事によってカラダの中から健康になることで免疫力を高め、病気に打ち勝つカラダになるために、まずは栄養素の知識が大切になります。本書では、毎日の食事に必要な“食材と栄養”の知識について、図解、写真で管理栄養士がわかりやすく解説します。糖質、たんぱく質、脂質の三大栄養素の話はもちろん、ビタミン、ミネラル、食物繊維の働きまで、意外と知らない役立つ知識が満載です。「免疫力を高める栄養素」「食材の“栄養が消える”残念な調理法」「栄養が失われない最強の冷凍保存法」などなど食材と栄養にまつわる情報を幅広く掲載。少し栄養の知識があるだけで毎日の食事が栄養価満点になり、自分や家族の健康状態も劇的に変わります!いつまでも健康でいたい人にはぜひ読んで頂きたい一冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内